コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷斧 ライフ

大辞林 第三版の解説

らいふ【雷斧】

石器時代の遺物の石斧などを、雷神の持ち物が落雷などで空から落ちてきたと考えたもの。天狗のまさかり。雷斧石。雷のまさかり。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の雷斧の言及

【雷】より

…華南では雷神は羽のはえた猪とか猿とかに似たものと考えられ,汚物に触れると通力を失ってとらえられやすくなると考えられている。武器として石斧を利用しているが,この雷斧の信仰は世界各国に共通である。夕立の際に平素見なれぬ動物がまぎれ出ることが雷獣とか雷鳥とかいう考えを生み出したらしいが,アメリカ・インディアンの間では巨大な鳥が雷鳥として考えられ,そのはばたきによって雷鳴や電光が生ずると信ぜられている。…

※「雷斧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雷斧の関連キーワード不・付・俘・俯・傅・埠・夫・婦・孵・富・巫・布・府・怖・扶・敷・斧・普・浮・父・符・腐・腑・膚・訃・譜・負・賦・赴・附・風12月22日小野塚 与澄網代 智海権田 雷斧網代智海天狗の鉞雷の斧落雷権田宗口

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android