コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子投票 でんしとうひょう

6件 の用語解説(電子投票の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

電子投票

選挙における従来の紙と鉛筆での自書投票とは異なり、タッチパネルや押しボタンなどで投票を行うこと。2002年6月に岡山で初の電子投票が行われた。現行の法律では地方選挙においてのみの実験的なものであるが、将来的に国政選挙への拡大や自宅からオンラインでの投票などが期待されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

電子投票

電子投票は2002年2月施行の電子投票法(公職選挙法特例法)により、地方選挙で可能になった。具体的には次のように投票する(方式は一例)。有権者入り口で電子投票カードを受け取り、それを銀行のATMのような投票機に挿入する。画面上で投票したい候補者の名前を指かペンで選ぶと、その候補者の名前が大きく表示されるので、投票するか変更するかを選択し投票を確定する。03年7月20日の岐阜県可児市議選で電子投票が行われたが、全投票所で投票機械が故障する事故があった。それに対して、最高裁選挙無効判決が確定し、再選挙が行われたため、電子投票の導入が遅れることが懸念されている。

(蒲島郁夫 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

電子投票

地方選で電子投票を採用している自治体に限って、国政選挙でも電子投票を認める公職選挙法特例法改正案が昨年12月、衆院で可決し、参院に送られた。しかし、不正防止策などをめぐる与野党の修正協議が不調に終わり、1月15日までの臨時国会では成立しない見通しだ。次の衆院選で電子投票が実施されるかは、解散の時期にも左右されそうだ。電子投票は、画面に並んだ候補者名を指で触れて投票する仕組み。開票作業の大幅な短縮などのメリットが指摘されており、地方選では02年に導入。総務省によると、昨年末現在、8市町村が条例を制定している。ただ、電子投票にはトラブル発生の心配もなお残る。岐阜県可児市では03年7月、市議選で投票機が故障。最高裁で選挙無効が確定し、候補者名を記す方式で選挙をやり直した。

(2008-01-01 朝日新聞 朝刊 特設B)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でんし‐とうひょう〔‐トウヘウ〕【電子投票】

コンピューターやネットワークを利用した投票。特に、選挙において、投票所に設置された電子投票機で候補者名を入力・記録する投票方法のこと。
[補説]平成14年(2002)施行の「電磁記録投票法(電子投票法)」により、地方公共団体の長と議員の選出に限り採用されている。投票の簡素化、開票の迅速化、疑問票・無効票の減少などがねらいだが、個人情報の漏洩(ろうえい)、投票結果の改竄(かいざん)などの危険性がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

でんしとうひょう【電子投票】

選挙やアンケートなどの投票を、コンピューターやネットワークを利用して行うこと。開票のための作業コストと時間が大幅に削減できる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電子投票
でんしとうひょう

選挙における開票事務の迅速・簡素化をはかるとともに、自書を不要とすることにより疑問票・無効票の減少を目的として、投票をコンピュータで行う方式。一般に、指定された投票所に赴いてタッチパネルで投票する第一段階から、どの投票所でも投票できる第二段階、そして個人のコンピュータで自宅でも投票できる第三段階まで考えられるが、現在日本では第一段階の導入が始まっている。2001年(平成13)12月に制定された「地方公共団体の議会の議員及び長の選挙に係る電磁記録式投票機を用いて行う投票方法等の特例に関する法律」(電子投票法)に基づいて、地方選挙に限って採用されている。日本で最初にこの方式が採用されたのは02年6月に行われた岡山県新見(にいみ)市の市長選挙と市議会議員選挙においてであった。その後、03年2月には広島市長選に際して安芸(あき)区が、同年4月の統一地方選挙では宮城県白石市議選で、また7月には福井県鯖江(さばえ)市議選でも採用された。有権者が自分の投票カードを電子投票機に差し込むと、画面に候補者の名前が表示され、目的の候補者名に触れると確認画面が出て確認ボタンを押すと投票完了となる。最初に採用した新見市の選挙では、開票作業自体がなく結果の集計にわずか25分しか要しなかったなど、時間や開票人件費の節約になる反面、不在者投票の増加や投票所機からのデータ搬送時のセキュリティの問題など課題は多い。[辻山幸宣]
『横江公美著『Eポリティクス』(文春新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電子投票の関連キーワード地方自治体自治体地方選挙自治基本条例永住外国人地方選挙権付与法案地方自治体財政健全化法と行政サービス統一地方選と統一率非核平和都市宣言県内の統一地方選東京電力による自治体への寄付

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電子投票の関連情報