コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電弱統一理論 デンジャクトウイツリロン

百科事典マイペディアの解説

電弱統一理論【でんじゃくとういつりろん】

素粒子の電磁相互作用と弱い相互作用(相互作用)をゲージ理論に基づいて統一的に記述する理論。1967年にワインバーグサラムグラショーが提出した理論で,ワインバーグ=サラム理論,あるいはGSW理論と呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

電弱統一理論の関連キーワード相互作用(物理)ウィークボソンヒッグス粒子素粒子物理学統一場理論標準理論力の統一内山龍雄標準模型光子

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android