コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気ブラン デンキブラン

デジタル大辞泉の解説

でんき‐ブラン【電気ブラン】

ブランデーを主にしたアルコール飲料の商標名。ブランデーをベースに白ワイン・キュラソージンなどを加えたもの。東京浅草、神谷バーの名物。電気が文明の先端をいくものであったところからの名といい、明治時代から大正時代にかけて流行。昭和32年「デンキブラン」と改称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんきブラン【電気ブラン】

ブランデーに似せた雑酒の商標名。明治初年に始まり、大正期東京浅草の神谷バーの名物となった。 〔「電気」は文明の最先端を表す語として冠したものという〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電気ブラン
でんきぶらん

ブランデー風アルコール飲料の商品名。東京・浅草の酒店主、初代神谷伝兵衛(かみやでんべえ)は、1882~86年(明治15~19)ころ、速成ブランデーを製造・販売し、当時大流行したコレラに効くと大いに喧伝(けんでん)された。その後これに改良工夫を加え、文明の最先端を表す「電気」という語を冠称する新商品「電気ブランデイ」を売り出した。伝兵衛は、ほかに甘味ぶどう酒の「ハチブドー酒」(1886年商号登録)も創始している。電気ブランは、浅草の神谷バーの名物として愛飲され、甘く強い酒で、飲みすぎると足をとられ、店ではカップ三杯以上は売らなかったという。1957年(昭和32)「デンキブラン」と改名、製造・販売元の神谷酒店は、その後合同酒精と合併。現在発売中の「デンキブラン」は、83年新規製造され、ブランデーをベースに白ワイン、ベルモット、キュラソー、ジン「その他」を加味した、酒精度40%のカクテルである。[市村正美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の電気ブランの言及

【焼酎】より

…乙類は本来のものの意味で本格焼酎ともいい,甲類は1899年に神谷伝兵衛がドイツから輸入した連続式蒸留機でアルコールを製造し,これに水を加えてつくったのが初めで,新式焼酎と呼ばれ,近年はホワイトリカーの名で親しまれている。ちなみに神谷伝兵衛は1882年〈蜂印葡萄酒(はちじるしぶどうしゆ)〉を発売,のちに東京浅草に神谷バーを開き,〈電気ブラン〉の名を高からしめた人物である。 本格焼酎は製造法によって,もろみ取焼酎とかす取焼酎とに分けられる。…

【バー】より

…その元祖ともいうべきは,1897年ごろには東京銀座の尾張町西側にあった函館屋で,〈間口三間の店に細長いスタンド,左右の棚には奥までいっぱいの洋酒の瓶,……まず高級のバーであった〉と,山本笑月の《明治世相百話》は書いている。バーを称したのは浅草花川戸(現,浅草1丁目)の神谷バーあたりが古く,この店はのちに〈電気ブラン〉という甘く強い酒をつくって人気を集めた。しかし,バーが普及するのは関東大震災後の大正末期からで,1930年ごろから7~8年間が流行のピークとなり,〈十銭スタンド〉と呼ぶ安価な洋風酒場が各所に続出した。…

※「電気ブラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

電気ブランの関連キーワード最先端雑酒バー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電気ブランの関連情報