コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気毛布 デンキモウフ

デジタル大辞泉の解説

でんき‐もうふ【電気毛布】

電熱線を絶縁性の耐熱物質で包み、毛布に入れたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

電気毛布【でんきもうふ】

細い銅箔(はく)線,鉄クロム線をビニルなどで包んだ電熱線を装置した毛布。コントローラー(温度調節器)により適温に調節でき,過熱の危険防止のため,温度ヒューズ,サーモスタットを装備。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんきもうふ【電気毛布】

身体と毛布の間に暖かい空気層を作り,睡眠中逃げる熱を補給する保温器具。強い熱を出す局部暖房器具とは異なる。1912年アメリカで,結核患者が戸外に出る際の医療補助具として,電熱線を挿入した小さな布片が発明された。これを数枚縫い合わせベッドの暖房具としても使うようになり,45年電気毛布が商品化された。日本での発売は55年で,毛布の中にビニル被覆式ヒーター線と温度調節用サーモスタットが挿入されていた。67年にはサーミスターサイリスターを用いたソリッドステートコントロール方式が開発され,性能が格段に向上した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

でんきもうふ【電気毛布】

電熱線を利用した防寒用の毛布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電気毛布
でんきもうふ

二重織の毛布の中にヒーター線を内蔵した就寝用暖房器具。掛け毛布と敷き毛布とがあり、構造、性能ともにほとんど同じである。毛布にはポリエステル、アクリル、レーヨン、羊毛、またはこれらの混紡繊維を使用し、織るときにヒーター線の通る通路を形成する二重平織となっている。ヒーター線は、1本の線の中に発熱線、信号線および特殊サーミスター材料からなる感熱層とで構成され、ヒーター線の全長にわたって温度検知機能をもっているので、温度制御性および安全性に優れている。また制御機構の故障やなんらかの原因で異常に温度上昇しても、別の温度過昇防止機構が作動して電源を切るようになっている。使用する温度も約20~55℃とコントローラーのダイヤルを回すだけで、簡単に調節できる。消費電力は約70~170ワット。サイズも大・中・小のほかダブルサイズのものまで、種類も豊富にそろっている。よく広げて就寝前の1時間くらいを最高目盛りで通電し、40℃くらいの温度に予熱しておき、ふとんに入ってから快適温度といわれる31~33℃くらいにダイヤル目盛りを下げて使う。折り畳んで使ったり、行火(あんか)などほかの暖房器具などと併用してはならない。[須田 洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

電気毛布の関連キーワードセラミックセンサトライアック潜水服

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電気毛布の関連情報