コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気盆 でんきぼん electrophorus

翻訳|electrophorus

5件 の用語解説(電気盆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気盆
でんきぼん
electrophorus

最も簡単で,古くからある静電誘導による蓄電器具。 1775年に A.ボルタが発明した。よく乾いた毛皮でエボナイト板を十分に摩擦すると,エボナイト板は負に帯電する。この上に絶縁した柄のついた金属円板を載せ,指を金属円板にちょっと触れてから金属円板をエボナイト板から離すと,金属円板は正に帯電している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でんき‐ぼん【電気盆】

静電誘導によって物体に帯電させる実験器具。絶縁体の柄をもつ金属板をエボナイトの盆に載せたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

電気盆【でんきぼん】

静電誘導によって静電気を手軽に得る装置の一つ。台にのせたエボナイト円板と,絶縁体の柄のついた金属円板からなる。エボナイト板を毛皮でこすって負に帯電させたのち,金属板をのせると静電誘導により正と負の電気を生じるが,金属板に指を触れて負の電気を逃がしてから持ち上げると,金属板に正電気が得られる。
→関連項目起電機ボルタ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

でんきぼん【電気盆】

静電気の実験に用いる器具。絶縁体の円盤と、絶縁物の柄のついた金属円盤とからなる。絶縁体を負に帯電させたのち、金属盤を重ねると、その上面には負電気、下面には正電気が誘導され、上面に指を触れて負電気を逃がせば金属盤は正電気のみを帯電した状態になる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電気盆
でんきぼん

一つの電荷を元にしていくつもの電荷をつくりだす静電気の実験器具の一つ。1775年ボルタの発明による。電気盆は図Aに示すように、絶縁体の柄(え)のついた金属円板Aと絶縁体(普通はエボナイト)でつくった円板Bとからなる。円板Bの直径は円板Aの直径よりも大きい。図Bは電気盆の操作を示す。円板Bをフランネルあるいは柔らかい毛でこすって(負に)帯電させる(a)。円板Aを円板Bに近づける。このとき、金属板AのB側には正の電荷が、反対側には負の電荷が現れる(b)。円板Aの上側を指で触れ、負電荷を大地に逃がす(c)。指を離してから円板AをBから遠ざける。このとき、円板Aは正に帯電している(d)。以上の操作を繰り返すことによって、何回でも金属板に同程度に帯電させることができる。物体が帯電した状態では静電エネルギーを蓄えているが、このエネルギーは、円板Aを円板Bから遠ざけるとき、手が円板に行う仕事から供給される。[山口重雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の電気盆の言及

【起電機】より

…これは摩擦電気を利用した起電機で,その後改良され,初期の電気研究に用いられたが,18世紀後半になると静電誘導の現象を利用した起電機が主流となった。(1)電気盆 1775年にA.ボルタが発明したもので,図1のように絶縁体の柄をつけた金属板とエボナイト板からなる。あらかじめ摩擦により負の電荷を帯電させたエボナイト板に金属板を近づけ,同時に金属板を接地すると,金属板は静電誘導により正に帯電する。…

※「電気盆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電気盆の関連キーワード静電気静電気学静電記録電気力学電子写真静電静電気力静電単位静電気学会静電気障災害

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone