コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電磁ポテンシャル でんじポテンシャル

大辞林 第三版の解説

でんじポテンシャル【電磁ポテンシャル】

電磁場を生成するベクトル-ポテンシャルとスカラー-ポテンシャルの組。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんじポテンシャル【電磁ポテンシャル electromagnetic potential】

電場をE,電束密度をD,磁場をH,磁束密度をB,電荷密度をρ,電流密度をiとして,rotE=-∂B/∂t,rotH=∂D/∂ti,divD=ρ,divB=0で表されるマクスウェルの方程式を解いてEBの各成分をきめることは,六元連立微分方程式を解くことであり,任意の電流・電荷分布についてこれを行うことはほとんど不可能である。しかしEBの各成分はまったく独立というわけでなく,上記のマクスウェルの方程式自身によって束縛されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

電磁ポテンシャルの関連キーワードアハロノフ・ボーム効果スカラーポテンシャルベクトルポテンシャルポテンシャル相対論的力学ゲージ不変性ゲージ変換相互作用AB効果スカラーベクトルゲージ電磁場外村彰電荷

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android