電磁ポテンシャル(読み)でんじポテンシャル(英語表記)electromagnetic potential

世界大百科事典 第2版「電磁ポテンシャル」の解説

でんじポテンシャル【電磁ポテンシャル electromagnetic potential】

電場をE電束密度D磁場H磁束密度B電荷密度をρ,電流密度iとして,rotE=-∂B/∂t,rotH=∂D/∂ti,divD=ρ,divB=0で表されるマクスウェル方程式を解いてEBの各成分をきめることは,六元連立微分方程式を解くことであり,任意の電流・電荷分布についてこれを行うことはほとんど不可能である。しかしEBの各成分はまったく独立というわけでなく,上記のマクスウェルの方程式自身によって束縛されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android