コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電離圏電流 でんりけんでんりゅうionospheric electric current

1件 の用語解説(電離圏電流の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

でんりけんでんりゅう【電離圏電流 ionospheric electric current】

電離圏には大気の分子・原子とともに電離によって生じたイオンや電子(自由電子)が共存しており,電離圏に電場などの起電力が発生すると,イオンや電子が運動するため電荷の流れすなわち電流が生じる。電離圏は電気伝導性をもっているわけである。地球の上層大気中に電気伝導領域が存在することは,1878年にスチュアートB.Stewartが地磁気日変化の原因として示唆しており,1902年にはA.E.ケネリーとO.ヘビサイドが電波の反射層として示唆している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone