コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青金石 せいきんせき

百科事典マイペディアの解説

青金石【せいきんせき】

正ケイ酸塩鉱物の一種。石灰岩中に接触鉱物として六面体,十二面体の結晶または塊状で産出する。等軸晶系。青〜青緑色,半透明でガラス光沢を有する。硬度5.5,比重2.5。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の青金石の言及

【ラピスラズリ】より

…きわめて古くから尊重されてきた宝石で,その利用は前3000年のエジプトにさかのぼることができる。青金石ともいう。青色の宝石としてトルコ石とともに金製品によくマッチする点が,人類の歴史とともに長く愛好されてきた原因である。…

※「青金石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

青金石の関連キーワードソーダライトラピスラズリ七宝(工芸)瑠璃色準長石浄瑠璃宝石白群群青瑠璃

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android