コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静電発電機 せいでんはつでんき electrostatic generator

2件 の用語解説(静電発電機の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいでんはつでんき【静電発電機 electrostatic generator】

コロナ放電や静電誘導などで発生させた電荷を,高電圧電極に運搬集積して高電圧を発生させる装置。1931年アメリカバン・デ・グラーフR.J.Van de Graaffによって考案されたベルト発電機が代表的な例である。図に示すように針電極1に直流電圧Vを加え,接地した平板電極2との間でコロナ放電を発生させる。図はVが正の場合を示しているが,負なら負極性の高電圧が発生する。1~2間に絶縁物のベルトを置き,針先端のコロナ放電で生じた電荷をベルトに付着させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

静電発電機
せいでんはつでんき
electrostatic generator

静電気を集めて高い電位を発生させる装置。起電機ともいう。電気を正と負とに分けて蓄えることで、高い電位をつくることができる。電気盆はもっとも簡単な装置である。ウィムズハーストJames Wimshurst(1832―1903)の静電発電機は回転により静電気を集める。またR・J・バン・ド・グラーフの静電発電機(バン・ド・グラーフ起電機)は原子核物理学の研究のために発明され、単純な構造で50万ボルト程度までの高電圧をつくることができる。[磯部直吉・森本雅之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

静電発電機の関連キーワード起電機コロナ放電静電遮蔽静電誘導電気盆無声放電ゼログラフィー誘導起電機誘導雷

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone