コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静電発電機 せいでんはつでんきelectrostatic generator

2件 の用語解説(静電発電機の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいでんはつでんき【静電発電機 electrostatic generator】

コロナ放電や静電誘導などで発生させた電荷を,高電圧電極に運搬集積して高電圧を発生させる装置。1931年アメリカバン・デ・グラーフR.J.Van de Graaffによって考案されたベルト発電機が代表的な例である。図に示すように針電極1に直流電圧Vを加え,接地した平板電極2との間でコロナ放電を発生させる。図はVが正の場合を示しているが,負なら負極性の高電圧が発生する。1~2間に絶縁物のベルトを置き,針先端のコロナ放電で生じた電荷をベルトに付着させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

静電発電機
せいでんはつでんき
electrostatic generator

静電気を集めて高い電位を発生させる装置。起電機ともいう。電気を正と負とに分けて蓄えることで、高い電位をつくることができる。電気盆はもっとも簡単な装置である。ウィムズハーストJames Wimshurst(1832―1903)の静電発電機は回転により静電気を集める。またR・J・バン・ド・グラーフの静電発電機(バン・ド・グラーフ起電機)は原子核物理学の研究のために発明され、単純な構造で50万ボルト程度までの高電圧をつくることができる。[磯部直吉・森本雅之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone