コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非晶質固体 ひしょうしつこたいamorphous

翻訳|amorphous

1件 の用語解説(非晶質固体の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひしょうしつこたい【非晶質固体 amorphous】

結晶の中では原子(または分子)は周期的に規則正しく(並進対称性)並んでいる。これに対して,原子の配置あるいは原子のつながりが大きく乱れた固体を,非晶質固体あるいはアモルファス固体という。またこのような状態を無定形状態という。われわれの身近にある非晶質固体の例は,窓や食器に使われているシリカガラス(SiO2)である。Si原子から結合の手が4本出てO原子とつながり,O原子は結合の手を2本もってSi原子とつながっているという事情は結晶SiO2(水晶)と変わらないが,全体としてのつながりの網目が大きく乱れて規則性がないのがシリカガラスである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone