コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非晶質固体 ひしょうしつこたいamorphous

翻訳|amorphous

世界大百科事典 第2版の解説

ひしょうしつこたい【非晶質固体 amorphous】

結晶の中では原子(または分子)は周期的に規則正しく(並進対称性)並んでいる。これに対して,原子の配置あるいは原子のつながりが大きく乱れた固体を,非晶質固体あるいはアモルファス固体という。またこのような状態を無定形状態という。われわれの身近にある非晶質固体の例は,窓や食器に使われているシリカガラス(SiO2)である。Si原子から結合の手が4本出てO原子とつながり,O原子は結合の手を2本もってSi原子とつながっているという事情は結晶SiO2(水晶)と変わらないが,全体としてのつながりの網目が大きく乱れて規則性がないのがシリカガラスである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

非晶質固体の関連キーワード結合

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android