コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面舵 オモカジ

3件 の用語解説(面舵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おも‐かじ〔‐かぢ〕【面×舵】

船首を右に向けるときの舵の取り方。「面舵いっぱい」⇔取り舵(かじ)
右舷(うげん)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おもかじ【面舵】

船首を右へ向けること。また、その時の舵のとり方。 ↔ 取り舵かじ 「 -いっぱい」
船首に向かって右側の船縁。右舷。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の面舵の言及

【舵】より

…また航洋船では,船を所定の方位に向けて航行させるよう自動的に舵を操作する自動操舵装置をもつのがふつうとなっている。なお,船では,船の進む方向に向いて,船首を左に向ける舵の取り方を取舵,反対に右に向けるときを面舵と呼んでいる。自動操舵装置【藤野 正隆】
【飛行機の舵】
 飛行機には姿勢や向きを変えるため,操縦によって動く舵がいくつか付いている。…

※「面舵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

面舵の関連情報