コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くらsaddle

翻訳|saddle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


くら
saddle

馬の背に置く乗馬用の馬。狭義には鞍橋 (くらぼね) をいう。歴史は古く,騎馬民族として知られるスキタイは,前7~4世紀頃にすぐれた皮製の鞍を残しており,ギリシア・ローマ時代には前輪 pommel,居木 (いぎ) seat,後輪 (しずわ) cantleと分けた現在の西洋鞍に近いものがすでに現れている。日本へは古墳時代に中国から,木製の地に金銅製や鉄製の覆輪および地板などを施した鞍が伝来,平安時代には儀礼用の唐鞍 (からくら) や移鞍 (うつしくら) ,日常用の水干鞍などと,多様な発展をとげた。平安時代以後,公家用の鞍橋の装飾には螺鈿 (らでん) ,沃懸地 (いかけじ) ,蒔絵など官位に応じて定めがあり,その形式によって各種の名称がある。鞍は各国で用途に応じ,また馬術の発達に伴っていろいろに工夫されたが,特にイギリスではきつね狩りや競馬などのスポーツを通じて,ヨーロッパやアジアのものとは異なった前輪,後輪の低い軽快な鞍が発達した。現在では競走用,馬術用,障害用,遊走用,婦人用など,用途に従って多種の鞍がつくられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あん【鞍】[漢字項目]

人名用漢字] [音]アン(呉)(漢) [訓]くら
馬のくら。「鞍上鞍馬鞍部

くら【×鞍】

人が乗りやすいように牛・馬などの背に置く具。
鞍橋(くらぼね)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鞍【くら】

馬具の一つで,人を乗せるため馬や牛の背に置くもの。古くは革製でスキタイ文化にすぐれたものがある。木製の鞍は中国の漢代に現れ,日本には古墳時代に伝わった。日本の鞍は前輪(まえわ),居木(いぎ),後輪(しずわ)からなり,両輪の形や居木の数は時代により異なる。
→関連項目馬具

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くら【鞍】

馬,牛などの背に固定して,人や物を乗せる革または木製の具。また車や農耕具を引くときに動物の牽引力を伝える装具でもある。これらのなかでは乗馬に用いる鞍の発達がもっとも著しい。名称は人が乗る座(くら)に由来し,鞍の字は漢代に革製品が使われていたことと関係がある。近代以前の騎馬では,馬の背に韉(したぐら)(下鞍)をかけ,鞍褥(くらしき)を重ねて鞍橋(くらぼね)をのせ,鞍覆(くらおおい)を敷いて両側に障泥あおり)を下げると一そろいになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くら【鞍】

人が乗りやすいように、馬や牛などの背につける道具。 → 鞍橋くらぼね
競馬で、レースのこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


くら

人や荷物を動物の背に乗せるときに使う道具。鞍の発明によって、動物体と人体や荷物との直接の摩擦を避けることができるようになった。日本語の鞍は人や物を乗せる座の意味である。人類は鞍を発明する前は、動物の背に、布、毛、毛皮などを敷いて使用していた。紀元前6~前3世紀のアルタイ地方古墳出土の鞍は、よくなめした革やフェルトが用いられ、なかにはトナカイの毛を用いたものもあった。鞍という文字も革が用いられている。鞍には乗用(乗鞍)、荷用(駄鞍)、牽引(けんいん)用がある。鞍のなかで改良にもっとも力が注がれたのは乗馬用のもので、それに準じて他の用途のものも改良されている。[松尾信一]

乗馬用鞍

洋鞍、和鞍(大和鞍(やまとぐら))、唐鞍(からぐら)など多くの種類があるが、現在は一般に洋鞍が用いられている。洋鞍は、鞍骨(くらぼね)、騎坐(きざ)、鞍褥(くらしき)と、それに付属して鐙革(あぶみがわ)、障泥(あおり)(泥障)などがついている。鞍骨は前橋、居木(いぎ)、後橋からできている。鞍は、木、革、獣毛、布などの材料でつくられる。洋鞍は国によっていろいろの型がある。和鞍はわが国に渡来した唐鞍などを改良したものである。わが国には古墳時代に、中国や朝鮮半島から、前・後輪垂直鞍が渡来している。この鞍は本来、西アジアでは婦人用であったが、わが国で輪鐙から壺(つぼ)鐙、舌長鐙へと鐙の変化とともに、後輪(しずわ)も傾斜して和鞍となったとされている。古書の用語に従えば和鞍の鞍橋(くらぼね)は前輪、居木、後輪からなり、木製で、その上に漆を塗り、金銀、貝などの細工がしてある。平安時代から江戸時代まで優れた装飾の鞍や鐙が製作されており、現代では世界的に優れた美術工芸品としての価値が高い。[松尾信一]

荷物用鞍(荷鞍・駄鞍)

ウマの背に布を置き、その上に鞍褥を置き、その上に鞍橋を置く。長野県伊那(いな)谷では、この輸送法を「中馬(ちゅうま)」とよび、大正末期まで存続していた。中馬では鞍褥を「しと」とよんでいた。[松尾信一]

牽引用鞍

種々の道具をウマに引かせるとき、胴引き法や肩引き胴引き併用法の場合に、ウマの背に小形の鞍を用いる。鞍にはウシ用やラクダ用もある。[松尾信一]
『日本乗馬協会編『日本馬術史 第3・4巻』(1940・大日本騎道会/復刻版・1980・原書房) ▽森浩一編『日本古代文化の探求・馬』(1979・社会思想社) ▽加茂儀一著『騎行・車行の歴史』(1980・法政大学出版局) ▽佐々木清綱監修『畜産大事典』(1964・養賢堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【馬術】より

…この時代の馬の歩法は側対歩(そくたいほ)であった。明治時代になり,フランスやドイツから教官を招いて西洋式鞍の採用,自然歩法への改良など近代馬術としての基礎を確立した。その後,馬種の改良とともに馬術が奨励され,1899年には東京に乗馬会が誕生して,新しいスポーツとしての馬術が興隆する端を開いた。…

※「鞍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鞍の関連キーワードフゥアンガン大和鞍・倭鞍鞍壺・鞍壷鞍置き所止利仏師鞍置所飾り鞍倭文鞍鞍具足鞍皆具作の鞍肌背馬鞍置馬御幸鞍鞍作り張り鞍乗り鞍鞍打ち貝鞍鞍下

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鞍の関連情報