(読み)ナメシ

世界大百科事典 第2版の解説

なめし【鞣 tanning】

動物に化学的ならびに機械的処理を施して毛皮にすることをいう。製造工程を大別すると準備工程(原料皮から革や毛皮として不要な成分や部分を除く作業),なめし工程(なめし剤で皮の主要タンパク質であるコラーゲン繊維,組織を固定安定化し,革や毛皮としての基本的性質を付与する),仕上工程(革や毛皮の物性を改良し商品価値を付与する)の三つになる。これらの工程すべてを含めて広義になめしということが多い。準備工程は〈水づけ〉で原料皮を洗浄,軟化させ,〈フレッシング〉で皮下組織を除去し,〈石灰づけ〉で毛などを含む表皮や脂肪を除き,次いで〈ベーチング〉でタンパク分解酵素によりコラーゲン組織の純化が進められる(毛皮では〈石灰づけ〉〈ベーチング〉は行わない)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なめし【鞣】

〘名〙 (動詞「なめす(鞣)」の連用形の名詞化) 皮革をなめすこと。また、なめした皮革。
※史記抄(1477)一七「革と云は、こわい皮ぞ、こちにいため皮と云たり、なめしと云様なものぞ」

なめ・す【鞣】

〘他サ五(四)〙 皮革から脂肪を取り去って柔らかにする。
※人倫訓蒙図彙(1690)六「革師、鹿革(ししがわ)を滑(ナメシ)、足袋、羽織等につくるもの、白革やと名乗るなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【皮∥革】より

…動物からはいだ皮膚を皮といい,皮から毛を除き,なめしてえられる製品を〈なめし革〉〈革(かく∥かわ)〉という。なめしていない生皮から革までを含めて皮革(ひかく)と総称する。…

【毛皮】より

…哺乳類の皮膚をはいで,毛をつけたままなめしたものを毛皮(けがわ∥もうひ)という。これに対して毛を除く処理をしてなめしたものを革(かわ)という。…

※「鞣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android