コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

響き渡る ヒビキワタル

デジタル大辞泉の解説

ひびき‐わた・る【響き渡る】

[動ラ五(四)]
音や声が一面に響いて伝わる。「サイレンが―・る」
広く世間に知れ渡る。「名声が全世界に―・る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひびきわたる【響き渡る】

( 動五[四] )
音があたり一面にくまなく行きわたって鳴りひびく。 「鐘の音が-・る」
評判などが、知らない者がないくらいに知れわたる。 「名声が-・る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

響き渡るの関連キーワードアギーレ・神の怒りかのんぷ♪モンターレかんかんはためく鳴り響く清浦夏実アラブ人サイレングラーツ鐘の音鳴響く常香盤冷冷雷声垂死霹靂とど高高

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

響き渡るの関連情報