コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴(き)渡る ナキワタル

デジタル大辞泉の解説

なき‐わた・る【鳴(き)渡る】

[動ラ五(四)]鳥などが鳴きながら飛んでゆく。「雁が―・る」
「暁の潮満ち来れば葦辺には鶴(たづ)―・る」〈・三六二七〉

なり‐わた・る【鳴(り)渡る】

[動ラ五(四)]
音があたり一面に響きわたる。「号砲が―・る」
名が広く世に知れわたる。評判になる。「名声が―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

鳴(き)渡るの関連キーワード号砲葦辺

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android