コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴る ナル

デジタル大辞泉の解説

な・る【鳴る】

[動ラ五(四)]
音が出る。音を発する。「鐘が―・る」「雷が―・る」
名声などが、広く世間に知れわたる。「策士をもって―・る人物」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なる【鳴る】

( 動五[四] )
音が出る。ひびく。 「発車のベルが-・る」 「鐘が-・る」 「伊香保嶺に神な-・りそね/万葉集 3421
ある特徴によって、広く知られる。 「資産家で-・る家」 「厳格をもって-・る教授」
[慣用] 腕が- ・喉のどが-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鳴るの関連キーワード段段よくなる法華の太鼓クリンクストンブザービーターみしりみしりちりんちりん目覚まし時計ぼんぼん時計八重雲隠る虫出しの雷伊香保嶺りんりんぐうぐうきしきし北国の雷ちりりんさやさや鰤起し雪起しぎしりみしり

鳴るの関連情報