領水(読み)りょうすい(英語表記)territorial water

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

領水
りょうすい
territorial water

河川,運河湖沼内海などを含む内水領海を含んだ呼び名。国家領域を構成する水域のこと。無害通航権が認められている領海と異なり,内水に立ち入るには,沿岸国の許可が必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りょう‐すい〔リヤウ‐〕【領水】

国家の領域に属する水域。領海河川・湖沼などの内水とに分けられるが、領海と同義に用いられることもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

領水
りょうすい
territorial waters

国家領域のなかで水域から構成される部分。領水は、河川、湖沼、港湾など領海の基線の陸地側にある内水と、基線に沿う帯状の海域たる領海とに分けられる。群島国家の群島水域も領水の一部である。

[高林秀雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

りょう‐すい リャウ‥【領水】

〘名〙 国家の領域に属する一切の水域。広義には、河川・湖沼・運河などを含め、狭義には、一国の陸地に包まれた湾・入江・内海などの内水をいう。領海と同義に用いられることもある。
※露西亜国講和条約(明治三八年)(1905)五条「旅順口、大連並其の附近の領土及領水の租借権及該租借権に関聯し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の領水の言及

【内水】より

…一国の領土の内部にある河川,湖沼,運河などのほかに,海岸の外側で基線より内側の水域や湾,内海,港の内部が含まれる。内水と領海をあわせて領水ともよぶ。 領海を測るための通常の基線は海岸の低潮線であるので,海岸の低潮線と高潮線の間は内水である。…

※「領水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android