コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顎口虫 がっこうちゅう

大辞林 第三版の解説

がっこうちゅう【顎口虫】

袋形動物線虫綱の寄生虫。第一中間宿主はケンミジンコ、第二中間宿主はライギョ。イヌ・ネコなどの胃にも寄生する。人間にも感染し、幼虫が皮下に寄生して体内を移動するが、成虫にはならない。
扁形動物門渦虫綱に近縁の一目。海浜の砂泥帯にすむ。系統分類学的に興味ある一群。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

顎口虫の関連キーワードガッコウチュウ(顎口虫)顎口虫(がっこうちゅう)顎口虫(がくこうちゅう)輸入感染症と皮膚の病変寄生虫病の最近の動向ケンミジンコ幼虫移行症吉田 貞雄有棘顎口虫カムルチーフィビゲル顎口虫症ライギョ台湾泥鰌寄生虫蚯線症近縁

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android