コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顎口虫症 がくこうちゅうしょう gnathostomiasis

3件 の用語解説(顎口虫症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顎口虫症
がくこうちゅうしょう
gnathostomiasis

イヌ,ネコなどに寄生する顎口虫の虫卵が水中で孵化し,ライギョドジョウなどの淡水魚類に食べられ,ヒトがそれを生食することによって感染する。幼虫が皮下に寄生して発病し,皮膚腫脹が現れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

顎口虫症

 各種の動物,特に,淡水魚類の生食により,その筋肉内に潜む,顎口虫類Gnathostoma spinigerum]の被嚢幼虫を取り込むことにより感染する幼線虫移行症の一つ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

がくこうちゅうしょう【顎口虫症 Gnathostomiosis】

[どんな病気か]
 顎口虫といわれる寄生虫の幼虫によるもので、ライギョやドジョウなどの川魚を生(なま)で食べることで感染します。
 顎口虫は体内に入っても成虫とはならず、幼虫が皮膚や皮下組織に入ってあちこちに移動します。そのため、皮膚爬行症(ひふはこうしょう)(症状参照)をおこします。
[症状]
 虫の動きにそって皮膚の腫(は)れが線状にみられます。これが皮膚爬行症です。腫れた部分は赤くなり、熱感とかゆみを感じ、好酸球(こうさんきゅう)という白血球(はっけっきゅう)の一種が浸潤(しんじゅん)(しみ出す)してきます。
 ときには幼虫が脳や眼球(がんきゅう)に迷入して、脳炎や失明(しつめい)などの重い症状をおこすことがあります。
[検査と診断]
 腫れた部分から幼虫が摘出(てきしゅつ)できれば診断がつきますが、虫の動きが速く、つかまえることがむずかしいため、実際には血清反応(けっせいはんのう)を調べて診断します。
[治療]
 外科的に虫体を摘出できればよいのですが、虫の動きが速く、実際にはむずかしいため、メベンダゾール、チアベンダゾールジエチルカルバマジンなどの薬のほか、抗アレルギー薬や消炎剤が使われます。
[予防]
 ライギョなどの川魚はよく火をとおしてから食べることです。また、ドジョウの「おどりぐい」はやめることです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

顎口虫症の関連キーワード顎口虫何心地二口虫ドンナ顎口虫類蚯線症有棘顎口虫陰唇癒合子宮内反(症)ガッコウチュウ(顎口虫)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone