コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風通織(り) フウツウオリ

デジタル大辞泉の解説

ふうつう‐おり【風通織(り)】

二重織りの一種。表裏に異色の糸を用い、文様の所で糸を交換して色の異なる同じ文様が表裏に織り出されたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風通織
ふうつうおり

単に風通とも、二重(にじゅう)織ともいい、織物の表裏がそれぞれ別に一色ずつの織物組織をつくって表裏二重組織となり、模様が構成されている組織。この組織は正倉院裂(ぎれ)にみられ、また世界各地で独自のものが生み出されたが、名物裂としても糸屋風通などが知られている。和服地として風通縮緬(ちりめん)、風通お召などがある。広幅のものに、絹のほか最近では羊毛・化合繊のものがあり、高級婦人服などに使われている。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例