コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風通織(り) フウツウオリ

2件 の用語解説(風通織(り)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふうつう‐おり【風通織(り)】

二重織りの一種。表裏に異色の糸を用い、文様の所で糸を交換して色の異なる同じ文様が表裏に織り出されたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風通織
ふうつうおり

単に風通とも、二重(にじゅう)織ともいい、織物の表裏がそれぞれ別に一色ずつの織物組織をつくって表裏二重組織となり、模様が構成されている組織。この組織は正倉院裂(ぎれ)にみられ、また世界各地で独自のものが生み出されたが、名物裂としても糸屋風通などが知られている。和服地として風通縮緬(ちりめん)、風通お召などがある。広幅のものに、絹のほか最近では羊毛・化合繊のものがあり、高級婦人服などに使われている。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風通織(り)の関連キーワード二重織羽二重風通二重織物マトラッセ東洋織ドビークロス袋織蓬莱織

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone