コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛揚/飛颺 ヒヨウ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐よう〔‐ヤウ〕【飛揚/飛×颺】

[名](スル)
空高く飛びあがること。また、空中にひるがえること。
「天馬と同じ高い所まで自在に―する事は出来ても」〈風葉青春
高い地位にあがること。
「学友は社会の表面に―する者多くして」〈福沢福翁百話

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひよう【飛揚】

( 名 ) スル
飛んで空高くあがること。 「炎風の日は砂塵すなちり-し/新聞雑誌 51

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

飛揚/飛颺の関連キーワード傭・夭・妖・容・幼・庸・拗・揚・揺・搖・擁・曜・楊・様・樣・洋・涌・溶・熔・用・痒・瘍・窯・羊・耀・腰・膺・葉・蛹・要・謠・謡・踊・遥・邀・鎔・陽・養・鷹シーリングバルーン島津源蔵(初代)オボイ(鼇拝)ラジオゾンデレーウィンたこ(凧)大風の歌粉塵爆発仙人大気欄干空裏風船

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android