コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛竜 ひりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飛竜
ひりゅう

旧日本海軍の航空母艦 (空母) 。 1931年7月横須賀工廠で竣工。基準排水量1万 7300t,速力 34.6kn。飛行機搭載数は常用機 57,補用機 16。中型空母としては,ほぼ理想に近く,同型の『蒼竜』とともに日本の空母の特徴を最もよく示している。 42年6月5日,ミッドウェー海戦で沈没。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひ‐りゅう【飛竜】

ひりょう(飛竜)」に同じ。

ひ‐りょう【飛竜】

空を飛ぶという竜。ひりゅう。

ペーロン【飛竜/剗竜/划竜/白竜】

《〈中国語〉》昔、中国から伝来した競漕(きょうそう)。また、それに使う船。和船に似て舳(みよし)の突き出た細長い船にこぎ手が2列に乗り、櫂(かい)で水をかいて速さを競う。6月から7月にかけて長崎市行われるものが有名。競渡(けいと)。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の飛竜の言及

【航空母艦】より

…しかし航空機の急速な発達につれて,主力艦の洋上決戦に先立って,空母搭載機による遠距離先制攻撃で敵艦隊の戦力減殺を図り,艦隊決戦を有利に導こうとする構想が醸成され,これらの空母は,運用実績をもとに幾多の改造を重ねて,しだいに内容の充実した実用空母となっていった。当初から本格的実用空母として計画されたものとして,アメリカのヨークタウンYorktown(約2万トン),ワスプWasp(約1万5000トン),日本の蒼竜(約1万6000トン),飛竜(約1万7000トン)がある。イギリスは,この時期にアーク・ローヤルArk Royal(約2万2000トン)を建造しており,これは艦隊空母として画期的なものとして,以後の主力空母の原型となったといわれている。…

※「飛竜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

飛竜の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎田坂具隆

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飛竜の関連情報