コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食分(読み)しょくぶん(英語表記)magnitude of eclipse

デジタル大辞泉の解説

しょく‐ぶん【食分】

日食または月食で、太陽や月の欠けた部分の割合を示す量。欠けた部分の最大の幅と太陽や月の直径との比で表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

食分【しょくぶん】

日食および月食において,太陽や月の欠ける程度を表す量。日食の食分は,(月の視半径+太陽の視半径−月と太陽の見かけの中心距離)/(太陽の視直径)で,また月食の食分は,(本影の半径+月の視半径−本影と月の中心距離)/(月の視直径)で定義される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょくぶん【食分 magnitude of eclipse】

日・月食において,太陽や月が欠ける程度を表す量である。日食の食分は,(月の視半径+太陽の視半径-月と太陽の見かけの中心距離)÷(太陽の視直径)で定義される。部分食や金環食の食分は1より小さく,皆既食は1より大きい。ちょうど1となるのは第2・第3接触のときである。月食の見え方は,本影(本影錐の月の位置における断面)と月との関係によって決まるので,食分は日食の式の月を本影に,太陽を月に書き替えることによって定義する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょくぶん【食分】

日食・月食で、太陽・月の欠けた度合。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

食分の関連情報