コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯野吉三郎 いいの きちさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯野吉三郎 いいの-きちさぶろう

1867-1944 明治-大正時代の行者。
慶応3年生まれ。東京渋谷穏田(おんでん)にすみ,祈祷(きとう)と予言で信者をあつめる。伊藤博文,清浦奎吾(けいご),下田歌子らに信頼され皇室にも影響をおよぼし,日本のラスプーチンとよばれたが,大正14年詐欺事件に関与し失脚した。昭和19年2月3日死去。78歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。通称は穏田の行者

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いいのきちさぶろう【飯野吉三郎】

1867‐1944(慶応3‐昭和19)
明治・大正期の神道行者。通称穏田の行者。岐阜県出身。東京渋谷穏田に住み,祈禱,予言で信者を集めた。予言を通じて山県有朋,伊藤博文,清浦奎吾らの知遇を得,政財界の上層部に信者をもち,隠然たる勢力をもった。また華族女学校の創立者で〈明治の紫式部〉と呼ばれた下田歌子と結んで皇室にも影響を及ぼし,皇太子の外遊問題にも介入して〈日本のラスプーチン〉とも呼ばれた。1925年詐欺汚職事件に関係して失脚した。【金原 左門】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

飯野吉三郎の関連キーワードもの派ナビ派沖縄戦カリブ文学直木賞藤堂平助ブラントブリジェンス松林廉之助箕浦元章

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone