コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清浦奎吾 きようらけいご

7件 の用語解説(清浦奎吾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清浦奎吾
きようらけいご

[生]嘉永3(1850).2.14. 肥後
[没]1942.11.5. 静岡,熱海
政治家。父は僧侶の大久保了思。清浦家の養子となる。明治5 (1872) 年,上京して埼玉県吏となり,1876年に司法省に入った。 84年内務省警保局長を経て,山県有朋閥に属する内務官僚として頭角を現し,92年司法次官。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きようら‐けいご【清浦奎吾】

[1850~1942]政治家。熊本の生まれ。旧刑事訴訟法保安条例の制定に参画。第二次山県内閣の法相として治安警察法を制定。大正13年(1924)首相に就任したが、護憲三派の攻撃で総辞職。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

清浦奎吾【きようらけいご】

明治・大正の政治家。肥後(ひご)国出身。広瀬淡窓に学び,1872年上京。埼玉県下級県吏を振出しに官僚となり,1877年司法省で刑事訴訟法の制定に当たる。1886年第1次伊藤博文内閣の内相山県有朋のもとで警保局長となり警視庁改革,治安警察の充実を図り保安条例の公布に参画。
→関連項目高島炭鉱事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清浦奎吾 きようら-けいご

1850-1942 明治-大正時代の官僚,政治家。
嘉永(かえい)3年2月14日生まれ。広瀬淡窓創立の咸宜(かんぎ)園にまなぶ。内務官僚として山県有朋(やまがた-ありとも)に信任され,明治24年貴族院議員。法相,農商務相,枢密顧問官などを歴任し,大正13年貴族院を母体に超然内閣を組織するが,総選挙で護憲三派に敗れ,5ヵ月で総辞職した。昭和17年11月5日死去。93歳。肥後(熊本県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きようらけいご【清浦奎吾】

1850‐1942(嘉永3‐昭和17)
官僚政治家。肥後国の僧侶の五男に生まれ,清浦家の養子となる。広瀬淡窓に漢学を学び1872年上京。埼玉県下級県吏を振り出しに,山県有朋の直系官僚として内務省警保局長,司法次官などを歴任,保安条例公布施行の局に当たった。その間91年貴族院議員に勅選。96年の第2次松方正義内閣の法相をはじめとし,第2次山県内閣法相,第1次桂太郎内閣の法・農商務相となる。1906年枢密顧問官。14年山本権兵衛内閣のあとを受け組閣に当たるが,海相を得られず断念。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きようらけいご【清浦奎吾】

1850~1942) 政治家。肥後の人。法相・農商務相・枢密顧問官などを歴任。1924年(大正13)貴族院議員を中心に組閣したが、第二次護憲運動のために半年で総辞職した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清浦奎吾
きようらけいご
(1850―1942)

明治~大正期の官僚政治家。伯爵。嘉永(かえい)3年2月14日、肥後(ひご)国(熊本県)鹿本(かもと)郡来民(くたみ)の僧侶(そうりょ)の家に生まれる。豊後(ぶんご)(大分県)日田(ひた)の咸宜園(かんぎえん)(広瀬淡窓(ひろせたんそう)の創立)で漢学を学ぶ。埼玉県に赴き小学校長、県吏員を経て司法省に出仕。治罪法の起草などにあたる。内務省大書記官、警保局長、司法次官などを歴任。警保局長時代の1887年(明治20)には山県有朋(やまがたありとも)内務大臣のもとで出版条例・新聞紙条例の改正、保安条例の制定に参画した。山県系官僚政治家の中心人物で、その後、第二次松方正義(まつかたまさよし)、第二次山県内閣の法相、第一次桂太郎(かつらたろう)内閣の農商務相、法相、内相を務め、また、15年にわたり貴族院の勅選議員として同院の有力会派たる研究会を指導し、大きな勢力を保った。1906年(明治39)枢密顧問官となり、副議長を経て、1922年(大正11)山県の死後を受けて枢密院議長となった。その間、1914年には第一次山本権兵衛(やまもとごんべえ)内閣退陣後、組閣の大命を受けたが海軍の反対によって辞退。1924年1月ふたたび組閣の大命を受け、貴族院の勢力を基礎に内閣を組織したが、憲政会、立憲政友会、革新倶楽部(くらぶ)の護憲三派による倒閣運動の矢面にたたされ、衆議院議員選挙に敗北して、同年6月総辞職、政界の第一線を退いた。昭和17年11月5日死去。[鳥海 靖]
『井上正明編『伯爵清浦奎吾伝』(1935・同書刊行会) ▽御厨貴監修『歴代総理大臣伝記叢書14 清浦奎吾』(2006・ゆまに書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

清浦奎吾の関連キーワードテーラー道光帝序曲難波抱節ニーマン当用漢字道光帝プロシア憲法専修大学漂流

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清浦奎吾の関連情報