飯頭(読み)ハントウ

デジタル大辞泉 「飯頭」の意味・読み・例文・類語

はん‐とう【飯頭/半東】

飯頭はんじゅう」に同じ。
茶の湯で、亭主を補助して茶事手助けをする役。

はん‐じゅう〔‐ヂユウ〕【飯頭】

禅寺で、粥飯かゆめし大衆だいしゅに供する役僧はんとう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「飯頭」の意味・読み・例文・類語

はん‐じゅう‥ヂュウ【飯頭】

  1. 〘 名詞 〙 仏語。禅寺での職位一つ典座の下にあって、粥飯大衆に供するもの。はんちょう。はんとう。
    1. [初出の実例]「雪峰在洞山会下、作飯頭」(出典:永平道元禅師清規(13C中)知事清規)
    2. [その他の文献]〔禅苑清規‐一〇・百丈規縄頌〕

はん‐とう【飯頭・半東】

  1. 〘 名詞 〙
  2. はんじゅう(飯頭)
  3. 茶の湯で、客前水屋で亭主を助けて、茶事を手伝う者をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「飯頭」の読み・字形・画数・意味

【飯頭】はんとう

食事頭。

字通「飯」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android