コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首人形 クビニンギョウ

3件 の用語解説(首人形の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くび‐にんぎょう〔‐ニンギヤウ〕【首人形】

泥を固めて首だけ作り、彩色して竹の串(くし)にさした人形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くびにんぎょう【首人形】

泥を固めてつくった頭部に彩色して竹の串くしにさした人形。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

首人形
くびにんぎょう

土製などの首に竹串(ぐし)、木串を挿したもの。合点首、串人形ともいう。首にはほかに、木、練り物、張り子などを用いる。1686年(貞享3)刊の『好色一代女』(井原西鶴(さいかく)著)に、「衣類と首は各別に違ひ、合点頭(がてんがしら)の如(ごと)し」とあり、首人形は衣装とは別に独立したものであった。合点頭は合点首ともいい、首ばかりの人形のことで、首人形の柄(え)の上部に十字に細長い薄板を置いて人形の肩とし、棒を持ち、首の後部の紐(ひも)を引くと首が合点する(うなずく)仕掛けになっている。1773年(安永2)刊の玩具(がんぐ)絵本『江都二色(えどにしき)』(北尾重政(しげまさ)画)にも、この人形玩具の合点首系統のものとして、金平(きんぴら)人形、野呂間(のろま)人形の図が掲載されており、江戸時代の子供の遊び道具として親しまれた。首人形とよばれるようになったのは明治期以後で、その種類には人形遊びや姉様遊びのほか、からくり仕掛けのもの、浄瑠璃(じょうるり)人形芝居の影響から生まれてきたものなどがあり、現在も全国各地に郷土玩具としてみられる。土製で姉様遊び首人形は、弘前(ひろさき)(青森県)、仙台堤(宮城県)、柏(かしわ)(千葉県)、清水(しみず)(静岡県)、西尾・起(おこし)(愛知県)、松山(愛媛県)、大分(大分県)などの各地にある。からくり仕掛けのものには、鳥取(鳥取県)の要蔵でこ、熊本(熊本県)のお化け金太などがある。浄瑠璃人形芝居ものには、佐渡(新潟県)の野呂間人形、撫養(むや)(徳島県)の首でこなどがある。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

首人形の関連キーワード薄彩色合点首口を固める俵責め泥を吐く腹を固める臍を固める身を固める生け作り生け作り/活け作り/生け造り/活け造り

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

首人形の関連情報