コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撫養 むや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

撫養
むや

徳島県北東端,鳴門市の中心市街地で,旧吉野川下流低地の北部にある。藩政時代から塩の生産が盛んであったが,現在は全廃。『土佐日記』には「牟野 (むや) 」と記されている。室町時代には三好氏城下町であったが,天正 13 (1585) 年蜂須賀家政阿波九城の一つ岡崎城を築いてから,淡路渡海の押えの地として特に発展した。現在も阪神と船の連絡があり,大鳴門橋の完成 (1985.6) により再び四国の玄関口となっている。なお,塩田跡地は総合グラウンド,野球場などに利用。ワカメは名産。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐よう〔‐ヤウ〕【×撫養】

[名](スル)かわいがってやしなうこと。撫育

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶよう【撫養】

( 名 ) スル
かわいがって養うこと。撫育。 「民を-する」

むや【撫養】

徳島県鳴門市の中心地名。撫養川の河口にあり、古来からの交通の要地。入浜塩田があった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕撫養(むや)


徳島県鳴門(なると)市の中心地区。阿波(あわ)(徳島県)と淡路(あわじ)島・畿内(きない)とを結ぶ古くからの要地。江戸時代は「斎田塩(さいだじお)」の製塩業、塩・藍などの積み出し港として栄えた。塩田跡地は総合運動公園などに整備されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

撫養
むや

徳島県北東部、鳴門(なると)市の中心地区。撫養川河口にあり、古くから畿内(きない)と阿波(あわ)(徳島県)を結ぶ交通の要地であった。「むや」は舟をつなぐ意の「舫(もや)う」の転訛(てんか)で港の意とする説もある。牟夜(むや)ノ戸(と)ともいい、鎌倉時代に四国に配流された土御門(つちみかど)上皇も撫養に上陸したといわれる。江戸時代には藍(あい)、塩、たばこなどの積み出し、米、麦、大豆、肥料などの積み入れでにぎわった。江戸初期に開発された塩田も現在では埋め立てられ、総合運動場や公園に変貌(へんぼう)した。JR鳴門線、国道28号が通じ、神戸淡路鳴門自動車道の鳴門インターチェンジが設置されている。[高木秀樹]
『浜野虎七著『撫養町誌』(1954・撫養町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

撫養の関連キーワード大江 巳之助(4代目)徳島県立鳴門高等学校三好(徳島県の地名)大江巳之助(4代)徳島県板野郡板野町三野(徳島県)大谷五郎右衛門昼間(徳島県)徳島県鳴門市日本最高気温大塚製薬工場篠原孫左衛門鳴門(市)天羽 英二鳥居 龍蔵大江巳之助上板(町)板野(町)三宅 克己小鳴門海峡

撫養の関連情報