コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬廻組 ウママワリグミ

3件 の用語解説(馬廻組の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うままわり‐ぐみ〔うままはり‐〕【馬×廻組】

馬廻り2」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うままわりぐみ【馬廻組】

主君の乗った馬のそばで警護にあたった騎馬の侍。馬廻衆。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬廻組
うままわりぐみ

中世・近世に主将の馬側に近侍して護衛にあたった騎馬の武士、およびその職名。南北朝時代には単に主将の傍らに供奉(ぐぶ)する武士をいったが、戦国時代末期から職制化され、とくに武功の者が任命されて、数組に編成されそれぞれに組頭が置かれるようになった。豊臣(とよとみ)家では7組に編成されて七手組(しちてぐみ)と称し、江戸幕府では小姓組(こしょうぐみ)と称して6組あり、各組に4000石高の番頭(ばんがしら)1名、1000石高の組頭1名、300俵高の番士50名がおり、平時には江戸城内の警備などにあたった。諸藩でも馬廻組、小姓組、大小姓組などと称して設置されていた。近世中後期に実戦部隊としての価値がなくなると、主君に近侍する格式として、上級家臣の閑職となったところもある。[根岸茂夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の馬廻組の言及

【馬廻】より

…織田信長が彼の馬廻のなかから戦功の者20人をもって〈母衣衆〉を定めるなどのこともあった。江戸時代には幕府や藩に馬廻組が置かれ,組頭に統率された騎馬隊として,1組40‐50人を定員としたが,のちには組数を減じ,組の員数を増す傾向が生まれた。馬廻組を小姓組とも言う。…

※「馬廻組」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

馬廻組の関連キーワード巡り馬廻り金具廻りきちっと字引定廻り助語西回り一日廻り回り縁(廻り縁)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone