コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬廻組 ウママワリグミ

デジタル大辞泉の解説

うままわり‐ぐみ〔うままはり‐〕【馬×廻組】

馬廻り2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うままわりぐみ【馬廻組】

主君の乗った馬のそばで警護にあたった騎馬の侍。馬廻衆。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬廻組
うままわりぐみ

中世・近世に主将の馬側に近侍して護衛にあたった騎馬の武士、およびその職名。南北朝時代には単に主将の傍らに供奉(ぐぶ)する武士をいったが、戦国時代末期から職制化され、とくに武功の者が任命されて、数組に編成されそれぞれに組頭が置かれるようになった。豊臣(とよとみ)家では7組に編成されて七手組(しちてぐみ)と称し、江戸幕府では小姓組(こしょうぐみ)と称して6組あり、各組に4000石高の番頭(ばんがしら)1名、1000石高の組頭1名、300俵高の番士50名がおり、平時には江戸城内の警備などにあたった。諸藩でも馬廻組、小姓組、大小姓組などと称して設置されていた。近世中後期に実戦部隊としての価値がなくなると、主君に近侍する格式として、上級家臣の閑職となったところもある。[根岸茂夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の馬廻組の言及

【馬廻】より

…織田信長が彼の馬廻のなかから戦功の者20人をもって〈母衣衆〉を定めるなどのこともあった。江戸時代には幕府や藩に馬廻組が置かれ,組頭に統率された騎馬隊として,1組40‐50人を定員としたが,のちには組数を減じ,組の員数を増す傾向が生まれた。馬廻組を小姓組とも言う。…

※「馬廻組」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

馬廻組の関連キーワード清水介左衛門佐々木庸詳住谷寅之介小宮山綏介小宮山東湖月形洗蔵高沢忠順莅戸太華村田清風高杉晋作桑原貞也永原孝知大窪昌章大幸清方天野景忠佐々主殿神谷克楨馬廻衆組頭主君

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android