コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馮文炳 ふうぶんへい Feng Wen-bing

2件 の用語解説(馮文炳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馮文炳
ふうぶんへい
Feng Wen-bing

[生]光緒27(1901)
[没]1967
中国の作家。筆名は廃名,病火。北京大学在学中に短編小説『竹林的故事』 (1925) を発表,生活の情趣あふれる郷土文学作家として小説,散文,新詩の創作を行う。 30年には馮至とともに『駱駝草』を創刊。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馮文炳
ふうぶんぺい / フォンウェンピン
(1900―1967)

中国の小説家。筆名廃名。湖北の人。周作人(しゅうさくじん)門下に兪平伯(ゆへいはく)と異才を競い、縹渺(ひょうびょう)とした悲哀を玄妙な散文に託して、新文学の一角に独得の叙情的領域を確保した。『竹林の物語』(1925)以下数冊の短編集と詩若干、田園情緒豊かな長編『橋』(1932)、および哀愁のドン・キホーテとでも評すべき自伝的長編『莫須有(モオシュヨウ)先生伝』(1932)を遺(のこ)して文壇を遠ざかったが、抗日戦中の郷里での農村生活に立脚し、形式・思想ともに大胆な反近代主義的転換を示した『莫須有先生飛行機に乗って以後』(1949)を知る人は少ない。人民共和国では吉林(きつりん)大学教授の職にあった。[木山英雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馮文炳の関連キーワードN没・歿勃・歿・没NかMか縛り首のNNアセチルムラミン酸劉明電Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone