コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馮文炳 ふうぶんへいFeng Wen-bing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馮文炳
ふうぶんへい
Feng Wen-bing

[生]光緒27(1901)
[没]1967
中国の作家。筆名は廃名,病火。北京大学在学中に短編小説『竹林的故事』 (1925) を発表,生活の情趣あふれる郷土文学作家として小説,散文,新詩の創作を行う。 30年には馮至とともに『駱駝草』を創刊。北京大学講師を経て,52年からは東北人民大学 (現吉林大学) で教鞭をとる。短編小説集『竹林的故事』『桃園』『棗』,長編小説『橋』『莫須有先生伝』,新詩集『水辺』などがある。死後,『馮文炳選集』 (4巻,85) が出版された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馮文炳
ふうぶんぺい / フォンウェンピン
(1900―1967)

中国の小説家。筆名廃名。湖北の人。周作人(しゅうさくじん)門下に兪平伯(ゆへいはく)と異才を競い、縹渺(ひょうびょう)とした悲哀を玄妙な散文に託して、新文学の一角に独得の叙情的領域を確保した。『竹林の物語』(1925)以下数冊の短編集と詩若干、田園情緒豊かな長編『橋』(1932)、および哀愁のドン・キホーテとでも評すべき自伝的長編『莫須有(モオシュヨウ)先生伝』(1932)を遺(のこ)して文壇を遠ざかったが、抗日戦中の郷里での農村生活に立脚し、形式・思想ともに大胆な反近代主義的転換を示した『莫須有先生飛行機に乗って以後』(1949)を知る人は少ない。人民共和国では吉林(きつりん)大学教授の職にあった。[木山英雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

馮文炳の関連キーワード11月9日散文

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android