駄賃稼(読み)だちんかせぎ

百科事典マイペディア「駄賃稼」の解説

駄賃稼【だちんかせぎ】

馬背に荷物や客を乗せて銭をとること。中世にはすでに大津などの馬借(ばしゃく)らの活動が知られるが,江戸時代には諸国で行われるようになった。脇往還など宿継ぎが充分整備されていない街道筋では駄馬賃稼ぎが盛んであったが,商品輸送のための駄賃稼ぎは五街道の宿駅で扱う継ぎ送り荷のなかにもみられた。また舟運のある河岸(かし)や,海上交通の拠点となる津湊などでは,陸路をもって内陸部と結ぶ駄送が活発であった。明治・大正期には停車場で駄馬や荷馬車による賃稼ぎが行われていた。→中馬伝馬
→関連項目作間稼

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「駄賃稼」の解説

だちんかせぎ【駄賃稼】

他人の荷物を輸送してその運び賃を稼ぐ駄賃稼は,室町後期から京都,大津などで知られるが,広く各地に広まるのは江戸時代に入って各地が商品流通にまきこまれていくことによってである。地域の経済の特質によって,当然地方的な遅速の差がある。五街道の宿場の継送り荷物の輸送のなかにも,御定駄賃や荷主と馬方の相談で決める相対駄賃の輸送もある。そして幕府諸藩の設ける宿場のない脇街道農民の販売する農産物のある地帯では,買集め商人の集める商品輸送のための駄賃稼が発生する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の駄賃稼の言及

【奈川の牛稼】より

…信濃国筑摩郡奈川村(現,長野県南安曇郡)の駄賃稼。この村は飛驒とは野麦峠で境を接する山間の高地にある小村で,近世は尾張藩領であった。…

※「駄賃稼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android