コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨皮道賢 ほねかわ どうけん

3件 の用語解説(骨皮道賢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

骨皮道賢 ほねかわ-どうけん

?-1468 室町時代の武士。
室町幕府侍所所司代多賀高忠(たかただ)配下の目付とも,細川勝元(かつもと)の目付ともいわれる。応仁(おうにん)の乱では東軍の勝元のもとで活躍したが,山名持豊(もちとよ)ら西軍に攻められ応仁2年3月21日討ち死に。姓は骨河とも,名は道源,道元,道見ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

骨皮道賢

没年:応仁2.3.21(1468.4.13)
生年:生年不詳
室町幕府管領細川勝元の足軽大将応仁の乱最中の応仁2(1468)年3月15日,配下の足軽らを伏見稲荷山に集めて山名軍の糧道を断ち,下京に火を放ったのが史料上の初見である。そして,同月21日には畠山義就,山名持豊(宗全),斯波義廉,大内政弘らの総攻撃を受け討死してしまう。この合戦については『碧山日録』『山科家礼記』『重胤記』『経覚私要鈔』などに詳しい。『山科家礼記』『重胤記』は道賢を勝元の目付と記し,『経覚私要鈔』には骨皮道賢入道とある。後世の書『応仁別記』によると,道賢はもと所司代多賀高忠の配下にあったが,京中および南山城に多く手の者を持っていたので,勝元が呉服や太刀を与えて動員したという。戦に敗れ,女装して脱出しようとしたところを山名方に討ちとられたという。

(森田恭二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

骨皮道賢
ほねかわどうけん
(?―1468)

応仁(おうにん)の乱(1467~77)に京都で活動した足軽の大将で、室町幕府侍所所司代(さむらいどころしょしだい)の多賀高忠(たがたかただ)配下の目付。苗字(みょうじ)は、標記のほかに「骨河」とも記され、名は「道源」「道元」「道見」とも記される。また「骨河道賢入道(にゅうどう)」「骨皮左衛門(さえもん)道源」という呼称もみえる。目付の職にあったことから、盗賊・悪党らの動勢に明るく、彼らを組織し指揮する才覚と実力とを買われて、応仁の乱では東軍の細川勝元(かつもと)の下で活躍し、1468年(応仁2)3月、京都の下京(しもぎょう)の焼打ち作戦のために300余の手勢を率いて稲荷(いなり)山に陣取ったが、西軍に攻めたてられて敗れ、女装して板輿(いたよ)で脱走しようとしたところを、西軍の山名宗全(そうぜん)の配下に追討されて死んだ。[横井 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

骨皮道賢の関連キーワード細川茂之応仁の乱畠山政長三管領細川馬切衛門河野教通波多野清秀細川勝益山名是豊

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

骨皮道賢の関連情報