高円寺(読み)こうえんじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高円寺
こうえんじ

東京都杉並区北東部、JR中央線高円寺駅を中心とする地区。地名は高円寺南4丁目にある宿鳳(しゅくほう)山高円寺にちなむ。寺は室町時代の開山と伝えられ、3代将軍徳川家光(いえみつ)はよく訪れたという。江戸時代は天領で、武蔵野(むさしの)台地にあり、将軍の鷹狩(たかがり)の地でもあった。初期にはモモの木が多く桃園(とうえん)とよばれたが、中期にモモ畑は中野へ移った。高円寺駅近くの氷川(ひかわ)神社は源頼朝(よりとも)ゆかりの社(やしろ)で旧高円寺村の鎮守であった。現在は住宅地で、駅付近は商店街。JRのほか南に東京メトロ丸ノ内線が青梅(おうめ)街道筋に通る。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高円寺の関連情報