高周波発電機(読み)こうしゅうははつでんき(英語表記)high-frequency generator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高周波発電機
こうしゅうははつでんき
high-frequency generator

商用周波数に比べて高い周波数 (0.5~10kHz程度) の交流を発生させる電動発電機回転子の極数を多くし,回転速度を速くしてある。誘導加熱の電源や航空,船舶用の無線機電源などに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

高周波発電機【こうしゅうははつでんき】

商用周波数(50または60Hz)より高い周波数の電力を発生する発電機をいう。一般高速電動機電源用としては100〜500Hz,高周波電気炉,長波通信用などには100kHz程度までが発電される。
→関連項目高周波

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

事典 日本の地域遺産の解説

高周波発電機

(愛知県刈谷市高須町石山2-1 フローラルガーデンよさみ内 依佐美送信所記念館)
機械遺産」指定の地域遺産〔第10号〕。
1929(昭和4)年ドイツ・テレフンケン社の設計、AEG社の製作による高周波発電機。依佐美送信所に設置され、1929(昭和4)年に建設、当時世界最大級の無線送信施設として長波によるヨーロッパへの送信が日本で初めて行われた

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android