コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電動発電機 でんどうはつでんきmotor generator

5件 の用語解説(電動発電機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電動発電機
でんどうはつでんき
motor generator

電動機と発電機の軸を直接結合した一組の装置。電動機および発電機は交流,直流いずれでもよい。交流電動機直流発電機組合せ,または直流電動機交流発電機の組合せにより,交流-直流間の変換ができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でんどう‐はつでんき【電動発電機】

電動機で運転する発電機。三相誘導電動機直流発電機とを組み合わせ交流電力を直流電力に交換するものなどがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

でんどうはつでんき【電動発電機 motor generator set】

電動機と発電機を機械的に連結したもの。電動機がある形の電力を受けて発電機からそれと異なる形の電力を取り出す装置である。電動機の種類と発電機の種類によって,直流の変圧,交流から直流への変換,直流から高周波交流への変換などが行われる。交流の周波数,または相数を変換する場合は,構成上は電動発電機であっても周波数変換機,または相数変換機と呼ぶのがふつうである。近年,保守性および省エネルギーの観点から,電力変換サイリスター,またはトランジスターを用いた静止器によって行うようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

でんどうはつでんき【電動発電機】

電動機と発電機を連結して一体とした機器。交流を直流に変換するものと、直流を交流に変換するものがある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電動発電機
でんどうはつでんき
motor generator

古くは電動機と発電機とを同軸で直結した組合せをさし、電動で動く発電機、M-Gセットなどとよばれた。電動機と発電機とを直結した電動発電機は、電力の形態の変換を目的とする回転機であり、パワーエレクトロニクスの普及以前に使われた。
 誘導電動機と直流発電機を組み合わせれば可変電圧の直流電源を得ることができる。また、直流電動機と三相同期発電機を組み合わせれば可変周波数、可変電圧の交流電源を得ることができる。同期電動機と同期発電機を組み合わせて電動機の極数と発電機の極数が異なれば周波数変換が可能になる。
 現在ではこのような電力の形態の変換はパワーエレクトロニクスにより回転機を使わずに実現できる。そのため電力変換のために電動発電機(M-Gセット)を使うことはほとんどなくなった。
 現在では、電動機にも発電機にも使用する両用回転機を、電動発電機とよぶことがある。揚水発電に用いられる発電機は揚水時にはポンプを駆動する電動機として使われる。自動車用のスタータージェネレーター(SG:starter generator)はエンジンの始動のためのスターターモーターを、走行中は発電機として用いる。電気自動車やハイブリッド自動車の駆動モーターは発電機として動作させることにより制動トルク(回転力)を発生させ、回生ブレーキとして働いている。[森本雅之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電動発電機の関連情報