高山甚太郎(読み)たかやま じんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高山甚太郎 たかやま-じんたろう

1856*-1914 明治-大正時代の応用化学者。
安政2年12月1日生まれ。耐火材料の研究に従事。東京工業試験所の設立につとめ,明治33年設立とともに初代所長となる。日本化学会,工業化学会会長。大正3年10月23日死去。60歳。加賀(石川県)出身。東京大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高山甚太郎
たかやまじんたろう
(1857―1914)

工業化学者。加賀(かが)国(石川県)大聖寺(だいしょうじ)藩士高山甚吾の長男として生まれる。1878年(明治11)東京大学理学部化学科を卒業し、内務省地質調査掛・農商務省技師を歴任。「本邦耐熱粘土分析説」(1882)、「日本ニ於(おい)テポルトランドセメントヲ製スルニ適切ナル方法如何(いかん)」(1892)などの論文を発表した。1896年鉄鋼業視察のためヨーロッパに渡り、1900年帰国後、工業試験所の設立を主唱し、初代所長として没するまで在職した。[山崎俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android