コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高度順化 こうどじゅんか

百科事典マイペディアの解説

高度順化【こうどじゅんか】

高地における気候風土に(な)れる過程。たとえば,高度が大きくなると気圧が低くなって酸素分圧が減少し,高山病にかかりやすくなるが,このような高地に登って2〜3週間もすると,低圧の空気から必要量の酸素を摂取するための適応として赤血球数が増大し,高所に順応できるようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高度順化
こうどじゅんか

人体の環境適応機能の一つ。馴化とも書く。高度が高くなると、気圧の低下に伴う酸素分圧の減少により、呼吸による酸素の吸収が少なくなり、頭痛、めまい、倦怠(けんたい)、動悸(どうき)、息切れ、睡眠障害、さらにチアノーゼ、呼吸困難などいわゆる高山病の状態になる。このような症状のおこり方は人によって差はあるが、高度2000メートルを超えると軽くおこり始め、3000メートルを超えると強くなる。しかし、高所に2週間以上滞在していると、症状はしだいに消えてくる。これは、低酸素環境に対する体の適応機能が働くことによる。すなわち、骨髄の造血機能が高まり、ヘモグロビン、赤血球が増加し、また循環機能、呼吸機能の向上により体の酸素運搬能力がよくなる。組織の細胞でも酸化還元に関係する酵素の活性が高まり、酸素の利用効率がよくなる。高所滞在による、このような低酸素に対する生活の適応現象を高度順化(アルティチュード・アクライマティゼーション)とよんでいるが、順化のおこり方は年齢や体力で異なる。オリンピック・メキシコ大会などを契機として、スポーツ医学においてもこの現象への関心を深めている。陸上競技や水泳競技などでも、循環器系の能力向上を目的に高地トレーニングが行われるようになった。[黒田善雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の高度順化の言及

【登山】より

…今かりに普通の人を,減圧室で5500mの高所条件に急にさらすと,血液の酸素飽和度は70%に下がってしまい,重篤な高山病症状を呈する。高山病はある高度以上で必ず起こるが,通常その高度に数日間滞在すると,人体が酸素不足に適応する高度順応(高度順化)が起こる。一般に順応には10日前後が必要であり,しだいに高度を増す一方,適当な時期に下降して休息するのがよいとされている。…

※「高度順化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高度順化の関連キーワードアクライマティゼーションシェルパ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高度順化の関連情報