コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高村智恵子 たかむら ちえこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高村智恵子 たかむら-ちえこ

1886-1938 明治-昭和時代前期の洋画家。
明治19年5月20日生まれ。太平洋絵画研究所にまなぶ。青鞜(せいとう)社に参加し,雑誌「青鞜」創刊号の表紙をえがく。大正3年高村光太郎と結婚。昭和6年ごろから統合失調症(精神分裂病)となり,療養生活をおくる。療養中おおくの紙絵を制作。昭和13年10月5日死去。53歳。福島県出身。日本女子大卒。旧姓は長沼。本名は智恵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

デジタル大辞泉の解説

たかむら‐ちえこ【高村智恵子】

[1886~1938]洋画家・紙絵作家。福島の生まれ。夫は詩人・彫刻家高村光太郎。雑誌「青鞜」の表紙絵などを描く。命日は光太郎の詩「レモン哀歌」にちなみ、レモン忌という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

高村智恵子の関連キーワード高村光太郎記念館福島県二本松市智恵子記念館智恵子抄郷原宏忌日高村明治

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高村智恵子の関連情報