高橋留美子(読み)タカハシルミコ

デジタル大辞泉の解説

たかはし‐るみこ【高橋留美子】

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星(せい)やつら」「めぞん一刻」「犬夜叉(いぬやしゃ)」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

高橋留美子【たかはしるみこ】

漫画家。新潟県生れ。日本女子大卒。高校時代より漫画研究会に属し,大学在学中に小池一夫劇画村塾で学ぶ。1977年《勝手なやつら》で少年誌にデビュー。これを発展させたスラップスティックなSF風学園ラブ・コメディ《うる星やつら》が大ヒット。柳沢みきお,あだち充らとともに少年漫画に〈ラブコメ〉の流れを作り出しただけでなく,少年・青年誌への女性漫画家進出の先駆的役割も果たした。同作品はテレビ・映画でアニメ化。また青年誌に連載した《めぞん一刻》もヒットし,1980年代を代表する漫画家の一人となった。その後も《らんま1/2》など人気作品を手がけている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋留美子 たかはし-るみこ

1957- 昭和後期-平成時代の漫画家。
昭和32年10月10日生まれ。小池一夫の劇画村塾にはいり,昭和53年「少年サンデー」掲載の「勝手なやつら」でデビュー。同年同誌に連載された「うる星やつら」が大ヒット,テレビアニメ化,映画化された。56年同作品で小学館漫画賞。平成元年「人魚の森」で星雲賞。14年「犬夜叉」で小学館漫画賞。新潟県出身。日本女子大卒。作品はほかに「めぞん一刻」「専務の犬」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高橋留美子の関連情報