コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高氏 こううじ

3件 の用語解説(高氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高氏
こううじ

高階 (たかしな) 氏の出。鎌倉時代初期に高新五郎惟真がいる。足利氏に仕え,執事をつとめた家柄。特に南北朝時代初期に尊氏の執事となった師直は有名で,尊氏の弟直義と対立して,観応の擾乱の因となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こううじ【高氏】

諸系統があるがふつう歴史的に最も名高い高階流をいう。高市皇子(たけちのみこ)の末裔峯緒が高階真人姓を賜り,惟頼が大高大夫,子惟真が高新五郎と称した。高氏は平安時代以来源氏に仕えて東国に進出したが,しだいに足利氏の従者としての地位を固めた。足利義兼のとき,高惟長が源頼朝の口入によって奥州忍郡を領したというのが高氏の所領支配を示す最初の文献史料である。足利氏の家人としての高氏の地位は高まり,高左衛門尉と称した重氏(惟長の孫)のころにはすでに高氏の惣領が足利氏の家政全般を統轄するようになり,これに続く師氏―師重―師直も同様の任に当たった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高氏
こううじ

鎌倉から南北朝時代に足利家の執事を務めた武家。高階(たかしな)流。高市皇子(たけちのおうじ)の末裔惟頼(これより)が大高大夫(おおたかのたいふ)、子惟真(これざね)が高新五郎と称した。平安後期に東国へ進出。惟長(これなが)のとき、足利義兼(よしかね)に仕えた。足利家時(いえとき)の置文(おきぶみ)は師氏(もろうじ)に宛(あ)てられている(『難太平記』)。南北朝時代には、師重(もろしげ)の子高師直(こうのもろなお)、高師泰(こうのもろやす)が足利尊氏(たかうじ)の執事、侍所頭人(さむらいどころとうにん)として活躍した。観応(かんのう)の擾乱で、一門の大高重成(おおたかしげなり)、南宗継(むねつぐ)らは生き残ったが、主流は足利直義(ただよし)と対立し、1351年(観応2)滅ぼされた。[佐藤和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高氏の言及

【高階氏】より

…後白河院の寵妃として有名な丹後局高階栄子も一族の出身である。また後世略して高(こう)氏を称したものもあり,足利尊氏の執事高師直とその一族はとくに有名である。【橋本 義彦】。…

※「高氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高氏の関連キーワード名川譜表音信不通史的名高い名花名山歴史的仮名遣い解熱鎮痛薬普通競輪

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高氏の関連情報