高田浪吉(読み)たかだ なみきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「高田浪吉」の解説

高田浪吉 たかだ-なみきち

1898-1962 大正-昭和時代の歌人。
明治31年5月27日生まれ。大正5年アララギに入会して島木赤彦に師事し,松倉米吉らと「行路の研究」を発行。関東大震災での詠を中心とした歌集「川波」で注目される。のち赤彦と同居して「アララギ」の編集をたすける。戦後,歌誌「川波」を主宰した。昭和37年9月19日死去。64歳。東京出身。著作に「作家余録」など。
【格言など】人ごゑも絶えはてにけり家焼くる炎の中に日は沈みつつ(「川波」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android