コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高等教育会議 こうとうきょういくかいぎ

2件 の用語解説(高等教育会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高等教育会議
こうとうきょういくかいぎ

1896年 12月に設置された日本最初の文部大臣の教育諮問機関教育政策,制度の立案について広く教育界の世論を聞くため帝国議会の建議を入れて設置された。帝国大学総長,直轄諸学長,教育行政官らが委員の中心で民間からは伊沢修二湯本武比古らが加わったにすぎない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうとうきょういくかいぎ【高等教育会議】

1896年から1913年まで設けられた文部大臣の諮問機関。文政に関する諮問機関としては日本で最初のもの。日清戦争後,官辺・民間に学制改革論議がわき起こり,他方,文部大臣の独断専行不可能となった状況に応じて,松方正義内閣蜂須賀茂韶文相の下で発足。帝大総長・直轄学校長・文部官僚を中心として構成されたが,民間の教育理論家が加わったこともある。高等教育に関する会議ではなく,高等な立場から教育行政・学校制度全般について審議する機関であり,専門学校中学校高等女学校その他各種の私立学校に関する改革・整備案が諮問され,日本の近代公教育整備に少なからぬ貢献をなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

高等教育会議の関連キーワード深刻小説たけくらべヴィーダーウェルニヒ金弘集ゴーブル杉田文三セヴォス立花銑三郎樋口一葉

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone