コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高行健 こうこうけんGao Xingjian

3件 の用語解説(高行健の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高行健
こうこうけん
Gao Xingjian

[生]1940.1.4. 江西,贛州
フランス在住の中国系作家。 1957年北京外語学院フランス語部に入学,在学中に学生劇団を結成,演劇活動と同時に戯曲や小説,詩の創作を開始する。 62年同校卒業後,国際書店に勤務。文化大革命中は農村に下放されるが,発表のあてもないままひそかに作品を書き続ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

高行健【こうこうけん】

現代中国の作家,画家。大学入学後にブレヒトを知って衝撃を受け海鴎劇社を組織,ブレヒト《セチュアンの善人》などの部分上演を試みている。文化大革命後はベケットイヨネスコなど現代フランスの不条理劇に関する評論を書き始め,1982年には時間と空間を自由に移動しつつ登場人物の内面を描き出した《絶対信号》を発表,北京人民芸術劇院の食堂を利用した中国初の小劇場方式で上演され成功を収めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高行健
こうこうけん / ガオシンジェン
(1940― )

中国出身のフランス国籍の作家。江西省生まれ。1962年に北京(ペキン)外国語学院フランス語科卒業。文化大革命中は紅衛兵運動に参加したことがあると本人が後に告白している。その後、農村に下放され、安徽(あんき)省で中学校の教師などを経験。1974年に北京に戻り、翻訳の仕事をしながら執筆活動を開始し、小説やエッセイを次々と発表し作家として注目された。1981年に中国を代表する劇団、北京人民芸術劇院の専属劇作家となり、外国劇の手法を大胆に取り入れた劇『非常信号』(中国語原題『絶対信号』)『野人』などが大きな反響をよんだが、保守派からは批判された。1987年にフランスに移住し、1989年に北京で民主化運動を弾圧した天安門事件が起きると、中国政府を批判する声明を発表し、政治亡命の道を選んだ。1998年にフランス国籍を取得。中国国内を舞台にした自伝的小説が多く、中国語で発表した『霊山』『ある男の聖書』などが評価され、2000年に華人として初めてノーベル文学賞を受賞した。中国当局は「受賞は政治的理由だった」としてノーベル賞選考委員会を批判した。高行健の作品は中国国内でしばらく発禁処分を受けていたが、その後解禁されている。[矢板明夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高行健の関連キーワード新体制運動ウォルシュ喜劇映画中南米映画日中戦争北欧映画国民服トレベリアンビートルズベビン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高行健の関連情報