コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亡命文学 ぼうめいぶんがく

3件 の用語解説(亡命文学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亡命文学
ぼうめいぶんがく

政治的理由によって外国に亡命した作家による文学の総称。個人的性格や思想的傾向を異にする作家の文学であるから,純一な文学上の流派をさす名称ではない。フランス革命の際イギリスに亡命したシャトーブリアンナポレオン3世に反対してジャージー島に亡命したユゴーロシア革命のあとパリに定住したメレジコフスキーナチスの迫害を逃れてイギリスやアメリカに渡った大量のユダヤ系作家,さらに最近ではソ連を追われたソルジェニーツィンらが有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

亡命文学【ぼうめいぶんがく】

外国に亡命した文学者によって書かれた文学。古代ローマオウィディウスから現代まで,様々な国で見られるが,フランス革命期のフランスや,19世紀前半のポーランドは特に多くの亡命文学者を生み出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亡命文学
ぼうめいぶんがく

政治的・人種的・宗教的理由によって祖国を離れたり追われたりして、他国に亡命した文学者の文学を総称して「亡命文学」という。
 その典型的なものとしては、フランス革命からナポレオン時代にかけてのシャトーブリアンやスタール夫人、ナポレオン3世治下のユゴー、またツァーリ圧制時代のゲルツェンやオガリョフなどがある。20世紀においては、ブーニン、メレシコフスキー、アンドレーエフらがソビエト革命に反対してドイツやフランスに亡命した。[川上 勉]

ナチス時代のドイツ

しかし、亡命者の数や文学作品の質と量からいって、亡命文学といえばまずナチス時代のドイツ亡命文学をさすことが多い。1933年1月、ヒトラーが政権を獲得すると、国会放火事件とそれに引き続く左翼勢力への弾圧が開始される。このとき逮捕された文学者のなかにオシエツキ、レン、ブレーデル、キッシュEgon Erwin Kisch(1885―1948)などがいる。さらに、ユダヤ人排斥、焚書(ふんしょ)、プロイセンの芸術アカデミー会員の更迭、ついには民主的文学者・芸術家に対するドイツ市民権の剥奪(はくだつ)という事態にまで至る。こうしてドイツを代表する多くの文学者たちは国外への亡命を余儀なくされた。また、オーストリア併合(1938)、チェコ占領(1939)によって、亡命はドイツ語圏の作家たちにまで拡大された。
 亡命先は当初はフランス、スイス、オランダ、イギリスといったヨーロッパ諸国や旧ソ連、旧チェコスロバキアなどであったが、第二次世界大戦の勃発(ぼっぱつ)によってドイツ軍がヨーロッパを席捲(せっけん)すると、彼らはアメリカ、カナダ、中南米などに移らざるをえず、亡命生活は十数年に及んだ。しかし、過酷な亡命生活に耐えきれず自ら生命を絶った者や、亡命地での悲惨な生活のなかで病没した者も少なくない。[川上 勉]

亡命地での活動と意義

亡命地で著作活動を続けることにはさまざまな困難が付きまとったが、文学者たちは思想や政治的立場の違いを超えて協力しあい、いくつかの雑誌によって反ナチス・反ファシズムの文筆活動を展開した。その代表的なものに『ザムルンク』(アムステルダム)、『ノイエ・ドイッチェ・ブレッター』(プラハ)、『ダス・ノイエ・ターゲブーフ』(パリ)、『ダス・ボルト』(モスクワ)などがある。また、ハインリヒ・マン『アンリ4世の青春』(1935)、トーマス・マン『ヨゼフとその兄弟』(1933~43)、シュテファン・ツワイク『心の焦燥』(1938)、ブレヒト『第三帝国の恐怖と貧困』(1938)、ゼーガース『第七の十字架』(1942)その他数多くの現代ドイツ文学を代表する文学作品も亡命先で出版されたのである。
 第二次世界大戦後、亡命地にとどまった作家もあるが、多くの作家たちは旧東または旧西ドイツに帰国して、それぞれ戦後ドイツ文学の重要な担い手となった。ドイツの亡命作家たちは、自由と正義を擁護する文学者の立場から、亡命地における反ナチス運動と協力することによって、世界の反ファシズム統一戦線の一翼を担ったが、なんといってもその最大の意義は、ドイツ文学の伝統がこれら亡命した文学者たちの文学活動や文学作品によって継承され、発展させられたということである。[川上 勉]

第二次世界大戦後の亡命文学

第二次世界大戦後、主として社会主義諸国から亡命した文学者も少なくない。なかでも、ソルジェニツィン、アクショーノフ、クンデラ、エリアーデ、カネッティなどの名はよく知られている。しかし、これらの作家たちは、ナチス時代のドイツの作家たちとは違って、亡命の時期も状況もそれぞれさまざまである。1998年にフランス国籍を取得し、2000年にノーベル文学賞を受賞した高行健(こうこうけん/ガオシンヂエン)も中国からの亡命作家といえるだろうが、「グローバル化」が進み、「国境」の考え方も変容している現代世界においては、亡命文学という概念も名称も、もはや「歴史的なもの」となりつつあるというべきかもしれない。[川上 勉]
『佐藤晃一・山下肇著『ドイツ抵抗文学』(1954・東京大学出版会) ▽クラウス・マン著、小栗浩他訳『転回点』全3巻(1970~71・晶文社) ▽岩切徹著『亡命者』(1991・岩波書店) ▽高村宏著『ドイツ反戦・反ファシズム小説研究』(1997・創樹社) ▽沼野充義著『亡命文学論――徹夜の塊』(2002・作品社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の亡命文学の言及

【ドイツ文学】より

…しかし,これらの真価が理解されるようになったのは,ようやく1960年以後のことである。ナチス政権下のドイツ文学は,ナチスに協力する文学と反ナチスの亡命文学(亡命)に分裂した。ナチスのイデオロギーは歴史の歪曲によって成り立っていたから,その思想的な土台作りのために〈血と土の文学Blut‐und‐Boden‐Dichtung〉と総称される作品が量産されなければならなかった。…

※「亡命文学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

亡命文学の関連キーワード減船難民亡命亡命政権為銀主義難民庇護国使食糧安全保障ボシュラーフーティー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone