コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高麗版 コウライバン

3件 の用語解説(高麗版の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうらい‐ばん〔カウライ‐〕【高麗版】

高麗王朝時代に出版された書籍の総称。仏教関係の典籍が多く現存する。高麗本。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうらいばん【高麗版】

朝鮮、高麗時代に刊行された書籍。仏書・史書が多い。すでに一三世紀前半には木活字・金属活字による印刷がなされ、世界最古の活字本が残る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高麗版
こうらいばん

広くは朝鮮の、狭くは高麗時代(918~1392)の刊行書をさすが、本稿では後者について述べる。仏教が国教であったため、顕宗~宣宗年間(1011~87)、高宗年間(1236~51)の2回(3回説もある)、大蔵経が刊行された。後者は慶尚南道海印寺に版木(いわゆる八万大蔵経)が現存、前者はわが国に請来されたものがかなり多く、本国には乏しい。現存高麗本には上述の仏書が多く、それ以外のものはまれである。高麗人の崔(さいかい)が撰(せん)した『拙藁千百』(日本尊経閣文庫)は有名である。近年さらに高麗版が発見されつつある。高麗朝では官版刊行のため書籍舗などを置いた。活字印刷はすでに行われ、「詳定礼文跋(ばつ)」(『李相国集後集』巻11)によれば、1230年代ごろにこの書が鋳字(活字)で28部印出されているが、その歴史はさらにさかのぼるであろう。現存本での最古は、フランス国立図書館蔵の1377年清州興徳寺で印出された『白雲和尚抄録仏祖直指心体要節』巻下1冊。[藤本幸夫]
『韓国図書館学研究会編『韓国古印刷史』(1980・同朋舎出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高麗版の関連キーワード電子出版高麗神社遺著王朝時代近刊高麗焼古版出版物洋書Googleブックス

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高麗版の関連情報