コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高麗版 コウライバン

デジタル大辞泉の解説

こうらい‐ばん〔カウライ‐〕【高麗版】

高麗王朝時代に出版された書籍総称。仏教関係の典籍が多く現存する。高麗本

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうらいばん【高麗版】

朝鮮、高麗時代に刊行された書籍。仏書・史書が多い。すでに一三世紀前半には木活字・金属活字による印刷がなされ、世界最古の活字本が残る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高麗版
こうらいばん

広くは朝鮮の、狭くは高麗時代(918~1392)の刊行書をさすが、本稿では後者について述べる。仏教が国教であったため、顕宗~宣宗年間(1011~87)、高宗年間(1236~51)の2回(3回説もある)、大蔵経が刊行された。後者は慶尚南道海印寺に版木(いわゆる八万大蔵経)が現存、前者はわが国に請来されたものがかなり多く、本国には乏しい。現存高麗本には上述の仏書が多く、それ以外のものはまれである。高麗人の崔(さいかい)が撰(せん)した『拙藁千百』(日本尊経閣文庫)は有名である。近年さらに高麗版が発見されつつある。高麗朝では官版刊行のため書籍舗などを置いた。活字印刷はすでに行われ、「詳定礼文跋(ばつ)」(『李相国集後集』巻11)によれば、1230年代ごろにこの書が鋳字(活字)で28部印出されているが、その歴史はさらにさかのぼるであろう。現存本での最古は、フランス国立図書館蔵の1377年清州興徳寺で印出された『白雲和尚抄録仏祖直指心体要節』巻下1冊。[藤本幸夫]
『韓国図書館学研究会編『韓国古印刷史』(1980・同朋舎出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高麗版の関連キーワード吉備津神社(岡山市)山口 麻太郎漢訳大蔵経東京都港区島田蕃根朝鮮本活字本木活字高麗蔵史書芦辺順芸

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高麗版の関連情報