コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高齢運転者標識 こうれいうんてんしゃひょうしき

4件 の用語解説(高齢運転者標識の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

高齢運転者標識

もみじマーク」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうれいうんてんしゃ‐ひょうしき〔カウレイウンテンシヤヘウシキ〕【高齢運転者標識】

70歳以上の自動車の運転者が、車体の前後に付けるマーク。平成9年(1997)に導入された「紅葉(もみじ)マーク」と平成23年(2011)からの「四つ葉マーク」があり、どちらも使うことができる。高齢者マーク。シルバーマーク。→初心運転者標識身体障害者標識聴覚障害者標識
[補説]道路交通法に基づく標識で、高齢者の自動車事故の増加に伴って導入された。当初は75歳以上を対象とし努力義務だったが、平成14年(2002)に対象年齢が70歳以上に変更。平成20年(2008)6月から75歳以上の運転者には表示義務が課せられるも、平成21年(2009)4月に努力義務に戻り、罰則もなくなった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうれいうんてんしゃひょうしき【高齢運転者標識】

高齢運転者が車の前後に付ける標識。1997 年(平成 9)の改正道路交通法施行で 75 歳以上の努力義務として導入。2002 年に対象年齢を 70 歳以上に引き下げ、08 年 6 月から 75 歳以上の表示を義務化した。表示車に対して故意に、側方への幅寄せや割り込みをすると違反になる。通称、高齢者マーク、高齢運転者マーク、紅葉もみじマークなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高齢運転者標識
こうれいうんてんしゃひょうしき

70歳以上のドライバーが普通自動車を運転する際、表示するよう求められているマーク。道路交通法施行規則では高齢運転者等標章という。道路交通法は、70歳以上で「加齢に伴つて生ずる身体の機能の低下が運転に影響を及ぼすおそれがある」場合、自動車の前後面に高齢者運転標識を表示して運転するように努めなければならないと規定している。1997年(平成9)の道路交通法改正で75歳以上の高齢運転者を対象とした努力義務規定として導入され、2002年(平成14)には対象年齢が70歳以上に引き下げられた。その後、2007年の改正で75歳以上への表示の義務づけが決まったが、2009年の改正で70歳以上75歳未満の者と同様に当分の間、努力義務にとどめることとされた。1997年に導入されたマークは「もみじマーク」「枯れ葉マーク」などと評判が芳しくなかったため、2011年2月に「四つ葉のクローバー」をモチーフにした新デザインに変わったが、旧デザインも当分の間、使用することができる。
 また、高齢運転者標識導入時の1997年の道路交通法改正で、ほかの自動車の運転者は高齢運転者標識をつけた自動車に幅寄せや割り込みをしてはならないという保護規定も明記された。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高齢運転者標識の関連キーワードドライバー要因オーナードライバーペーパードライバードライバー保険ドライビングパーキングドライバー脇見運転ドライバーズシートキャスター・ドライバードライバー保険(自動車運転者損害賠償責任保険)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone