コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

髪結新三 かみゆいしんざ

5件 の用語解説(髪結新三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

髪結新三
かみゆいしんざ

「梅雨小袖昔八丈 (つゆこそでむかしはちじょう)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かみゆい‐しんざ〔かみゆひ‐〕【髪結新三】

歌舞伎狂言梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)」の通称。また、その登場人物

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

髪結新三 かみゆい-しんざ

歌舞伎の登場人物。
人情噺(ばなし)「白子屋政談」を河竹黙阿弥(かわたけ-もくあみ)が脚色した「梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)」の主人公出入り先の白子屋の娘お熊と手代の忠七をそそのかして駆け落ちさせ,その途中お熊をさらうが,博徒の源七に殺される。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

かみゆいしんざ【髪結新三】

歌舞伎「梅雨小袖昔八丈つゆこそでむかしはちじよう」の主人公。また、同作の通称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

髪結新三
かみゆいしんざ

人情噺(ばなし)。初代春風亭柳枝(りゅうし)(1868没)作。白子屋(しろこや)お熊が夫殺しの罪で大岡越前守(えちぜんのかみ)の裁きを受け、1727年(享保12)に死刑になったという事件を脚色した『白子屋政談』の一節。小悪党の回り髪結の新三が、得意先白子屋の娘お熊と手代忠七の仲を知り、2人を家出させたあとでお熊をさらい、金にしようとする。仲介にきた親分弥太五郎源七(やたごろうげんしち)を辱しめて追い帰した新三も、家主(いえぬし)長兵衛の掛け合いには歯がたたず、お熊を引き渡す。なお、歌舞伎(かぶき)では河竹黙阿弥(もくあみ)が春錦亭柳桜(しゅんきんていりゅうおう)の口演に基づき1873年(明治6)『梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)』の外題(げだい)で劇化。5世尾上(おのえ)菊五郎の新三で初演。大正以降もこれを継承した6世菊五郎の名技によって人気狂言となったため、一般に「髪結新三」の名はこの歌舞伎劇の通称として知られている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

髪結新三の関連キーワード切られ与三小猿七之助割台詞絵面の見得責場人情話小糸・佐七小稲・半兵衛袖萩《作者を捜す6人の登場人物》

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

髪結新三の関連情報