コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

髪結新三 カミユイシンザ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

髪結新三 かみゆい-しんざ

歌舞伎の登場人物。
人情噺(ばなし)「白子屋政談」を河竹黙阿弥(かわたけ-もくあみ)が脚色した「梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)」の主人公。出入り先の白子屋の娘お熊と手代の忠七をそそのかして駆け落ちさせ,その途中お熊をさらうが,博徒の源七に殺される。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かみゆいしんざ【髪結新三】

歌舞伎「梅雨小袖昔八丈つゆこそでむかしはちじよう」の主人公。また、同作の通称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

髪結新三
かみゆいしんざ

梅雨小袖昔八丈」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

髪結新三
かみゆいしんざ

人情噺(ばなし)。初代春風亭柳枝(りゅうし)(1868没)作。白子屋(しろこや)お熊が夫殺しの罪で大岡越前守(えちぜんのかみ)の裁きを受け、1727年(享保12)に死刑になったという事件を脚色した『白子屋政談』の一節。小悪党の回り髪結の新三が、得意先白子屋の娘お熊と手代忠七の仲を知り、2人を家出させたあとでお熊をさらい、金にしようとする。仲介にきた親分弥太五郎源七(やたごろうげんしち)を辱しめて追い帰した新三も、家主(いえぬし)長兵衛の掛け合いには歯がたたず、お熊を引き渡す。なお、歌舞伎(かぶき)では河竹黙阿弥(もくあみ)が春錦亭柳桜(しゅんきんていりゅうおう)の口演に基づき1873年(明治6)『梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)』の外題(げだい)で劇化。5世尾上(おのえ)菊五郎の新三で初演。大正以降もこれを継承した6世菊五郎の名技によって人気狂言となったため、一般に「髪結新三」の名はこの歌舞伎劇の通称として知られている。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

髪結新三の関連キーワード中村 勘三郎(17代目)中村 源佐衛門(2代目)市川 左団次(3代目)中村 又五郎(2代目)坂東三津五郎(10代)坂東三津五郎(10世)中村勘三郎(18代)尾上 松助(4代目)中村勘三郎(17世)中村 仲蔵(3代目)落語の演題春風亭柳橋田中 雨村姉川新之輔人情紙風船お駒才三大岡政談歌舞伎本名題英十三

髪結新三の関連情報