コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼舞 オニマイ

3件 の用語解説(鬼舞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おに‐まい〔‐まひ〕【鬼舞】

民俗芸能の一つで、鬼の面をつけてまう舞。大分県国東(くにさき)半島の修正鬼会(しゅしょうおにえ)で行われるもの、岩手県一帯に伝わる鬼剣舞(おにけんばい)など、種類は多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おにまい【鬼舞】

鬼に扮ふんして舞う舞の総称。神楽・田楽・獅子舞ししまい・風流ふりゆう踊りなどにこの称のものがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鬼舞
おにまい

民俗芸能。鬼に扮(ふん)した者が、悪魔退散などの舞をつかさどる宗教的、民俗的な仮面舞。千葉県広済寺(こうさいじ)(山武(さんぶ)郡横芝光(よこしばひかり)町虫生(むしょう))の鬼来迎(きらいごう)も鬼舞と称しているが、これに登場する鬼は地獄で亡者を責めたて、病弱な者はこの亡者の役をすることで体がじょうぶになるという。大分県国東(くにさき)半島の修正鬼会(しゅしょうおにえ)の荒鬼は文字どおり荒々しく強い性格の鬼であるが、災払(さいはらい)鬼、鎮(しずめ)鬼の名でよばれるように悪災を払い、鎮める鬼である。三河(みかわ)(愛知県)の花祭に登場する鬼は、反閇(へんばい)という呪術(じゅじゅつ)的な足踏みを行って悪疫を払い、村人に幸福をもたらす。岩手県下に広く分布する鬼剣舞(おにけんばい)は、悪魔を追い払う躍動的なエネルギーをもつ。鬼舞の鬼は力強く荒々しい性格をもつ反面、悪魔を払い鎮める呪力を有し、村々に祝福をもたらす善鬼である。[高山 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鬼舞の関連キーワード春駒岩戸神楽移り舞女舞恵比須舞郷土芸能古典芸能抜殻本田安次面浮立

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鬼舞の関連情報