コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 コン

7件 の用語解説(魂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こん【魂】

こころ。精神。
「詩は我―を動せども」〈鴎外訳・即興詩人
人の肉体に宿る精気。たましい。霊魂。特に陽のたましいをいう。→魄(はく)
「―は善所におもむけども、魄は、修羅道に残ってしばし苦しみを受くるなり」〈謡・朝長

こん【魂】[漢字項目]

常用漢字] [音]コン(呉)(漢) [訓]たましい たま
〈コン〉
人体に宿るたましい。「魂魄(こんぱく)英魂招魂鎮魂亡魂霊魂
こころ。「魂胆詩魂商魂心魂身魂精魂闘魂
〈たましい(だましい)〉「面魂大和魂
[名のり]もと
[難読]魂消(たまげ)る和魂(にぎたま)人魂(ひとだま)蜀魂(ほととぎす)

たましい〔たましひ〕【魂/×魄】

生きものの体の中に宿って、心の働きをつかさどると考えられるもの。古来、肉体を離れても存在し、不滅のものと信じられてきた。霊魂。たま。「―が抜けたようになる」「仏作って―入れず」
心の活力。精神。気力。「仕事に―を打ち込む」
それなしではそのものがありえないくらい大事なもの。「刀は武士の―、鏡は女の―」
(多く「…だましい」の形で)そのもののもつ固有の精神。また、気構え。「大和(やまと)―」「負けじ―」
思慮。分別。
「いみじう―おはすとぞ世人に思はれ給へりし」〈大鏡・道隆〉
素質。天分。才気。
「筆とる道と、碁うつこととぞ、あやしう―のほど見ゆるを」〈・絵合〉
《武士の魂とされるところから》刀。
「わが夫(つま)のこの―、婿引出(ひきで)に」〈浄・彦山権現

だましい〔だましひ〕【魂/×魄】

たましい(魂)4」に同じ。「大和―」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こん【魂】

たましい。特に、陽の気に属して精神をつかさどるとされる。 「 -は冥途めいどにござれども、魄はこの世にとどまつて/狂言・武悪」 → はく
こころ。 「神しんは傷み、-は驚くと雖も/金色夜叉 紅葉

たましい【魂】

人の肉体に宿り、生命を保ち、心の働きをつかさどると考えられているもの。肉体から離れても存在し、死後も不滅で祖霊を経て神霊になるとされる。霊魂。また、自然界の万物にやどり、霊的な働きをすると考えられているものを含めていう場合もある。 → たま(魂)
気力。精神。心。 「 -を打ち込む」 「 -を込めた作品」
他の名詞の下に付けて、そのものに特有の精神の在り方を表す。多く「だましい」と濁る。 「大和やまと-」 「船乗り-」
霊の宿る大切な品物。 「鏡は女の-だ」
精進髷しようじんまげ 」に同じ。
天分。素質。 「筆とる道と碁うつこととぞ、あやしう-のほど見ゆるを/源氏 絵合
思慮。才略。 「御舅たちの-深く/大鏡 師輔

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


たましい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【鬼】より

…中国において,死者の霊魂を意味する。人間は陽気の霊で精神をつかさどる魂と,陰気の霊で肉体をつかさどる魄(はく)との二つの神霊をもつが,死後,魂は天上に昇って神となり,魄は地上にとどまって鬼となると考えられた。…

【魂魄】より

…人間の精神的肉体的活動をつかさどる神霊,たましいをいう。古代中国では,人間を形成する陰陽二気の陽気の霊を魂といい,陰気の霊を魄という。魂は精神,魄は肉体をつかさどる神霊であるが,一般に精神をつかさどる魂によって人間の神霊を表す。…

【地霊】より

地鎮祭をはじめ聖域や結界にかかわる多くの習俗,風水(風水説)ほかの地相占いなどは,いずれも荒ぶる地霊を慰撫し抑え,その慈悲にすがろうとする人間の欲求から生じていると考えられる。また死者の魂や祖霊を地霊とみなす地方もある。中国では人間の霊力は魂(こん)と魄(はく)の2種に分かれ,魂は陽の気となって天へ,魄は陰の気となって地に還(かえ)ると信じられた。…

【心】より

…〈精神〉と同義とされることもあるが,精神がロゴス(理性)を体現する高次の心的能力で,個人を超える意味をになうとすれば,〈心〉はパトス(情念)を体現し,より多く個人的・主観的な意味合いをもつ。もともと心という概念は未開社会で霊魂不滅の信仰とむすびついて生まれ,その延長上に,霊魂の本態をめぐるさまざまな宗教的解釈や,霊魂あるいは心が肉体のどこに宿るかといった即物的疑問を呼び起こした。古来の素朴な局在論議を通覧すると,インドや中国をはじめとして,心の座を心臓に求めたものが多いが,これは,人間が生きているかぎり心臓は鼓動を続け,死亡するとその鼓動が停止するという事実をよく理解していたためで,〈心〉という漢字も心臓の形をかたどった象形文字にほかならない。…

※「魂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

魂の関連キーワード生き物機感腔腸股掌凝らす心機働き者夜働き群肝のきものの日

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

魂の関連情報